その美しさを描けない

割り切れないshotにgoodきてる

SixTONES単独へ行って

超 最 高だったんですよ・・・。

 

これが円盤にならないのはどう考えてもおかしいんですよ。ほんとは全国ツアーで30公演くらいして特典がめっちゃ付いたBlu-rayにならないとだめなんです。

レポ雑誌は全部買うとして、もうあれが見れないと思うとつらさしかない。覚えていることがあるうちにせめて感想ブログを残したくて書きました。

 

でも本当に「かっこよかった」とか「すごかった」とかの感想しか書いてません。全曲しっかり演出とか書ければよかったけどうわ~~~~~~~やべ~~~~最高~~~!!!???って言ってたら終わったんで・・・。すべて主観なので色々勘弁してください、突然略称で書いたりもするけど許して。ここからしばらくぐだぐだ書くので単独の感想は!?って方はスクロールしてください!

 

少年倶楽部を見始めて約一年、SixTONESはいつ見ても強い曲やってるな~かっこいいな~と思ってたけど転機はJr祭り。ありがたいことにお誘い頂き美形の踊り食いだ~~~!!と思って軽い気持ちで行ったら屍になって帰って来た。行ってよかったです。Jrの皆さんを生で見るのはほとんど初めてだったからずっと刺激的だった。そして楽しすぎた、SixTONES単独コーナー(?)が・・・。

 

その日直前までスト担のお友達と会ってて「Amazing!!!!!!が絶対好きだと思います!!推しが誰になったか教えてください!!」ってAmazing!!!!!!という曲名を強めに刷り込まれてたけどもう胡坐で始まった時点で好きだった。後述するけど田中樹君に一発で惚れて終演後走ってフォトセ買いに行きました。

それからこれまで買ってたドル誌のストのページをすべて読み返したり文明の利器を用いて過去の諸々をとにかく勉強しました。知れば知るほど魅力的でやばいな・・・と思っていたらそのお友達からお誘いを受けまして・・・。

 

時は2017年8月1日、SixTONES単独初日に来ていた―――。

リアルIN THE STORMだった。これ行ってた方は思い出すだけで肌寒くなると思うんですけどほんとに雨風ひどくて寒かった・・・。おまけに私たち2人とも緊張で体調が悪くて半泣きだった・・・。EX暑くて並ぶのしんどいとか言ってたけど個人的には雨の方がしんどかった。いや暑い時も無理無理言ってるけど・・・。

 

会場入りしてからもスクリーンにSixTONESの字を見るや否や苦しんだり、唐突にえ!!!??今から単独!?いや・・え!?とそれまで10回以上してきたくだりを飽きもせずにして精神の安定を保っていました。(保ってなかったです)

オリ曲のインストがかかってて、Amazing!!!!!!のカラチェンの練習してました。倒れてもこれだけはやり遂げるという心意気だった。

 

 

オープニング

今日最高だったな~ってライブはオープニングで決まると思ってるんですけど、この日は開始数秒で確信しましたね。

モニターに文章が映る度に悲鳴のような歓声がわきあがって、客席の視線は正面に釘付け、悲鳴が悲鳴を呼んで爆発しそうだったんですよEX・・・。

新参も新参なので今からSixTONESのライブが始まる!!!!ってドキドキが止まらなかったけど、そもそもストの現場がすごく久しぶりだったんですよね。

周りのファンの待ちに待ってたって気持ちに感化されてもう泣きそうだった。

「鎖」って文字に異常に反応したお友達(京本君推し)のことは忘れません。ロキパってなんですか?って聞いても記憶がないらしい。

 

IN THE STORM

もうさ、勝ちでしょこんなん!!!!??EX爆発したからね!?

ひとりひとりがJrマンション(的ななにか)に入ってて!ガンガンにスモークが焚かれてて!なんかエロい椅子に座ってて!挙句の果てに鎖巻いてるんですよ!!己の!!身体に!!鎖!!!!我々が鎖に反応したのは何も間違ってなかった・・・。

感動したのは出てきた瞬間、曲が始まった瞬間、そしてメンバーそれぞれのいちばん初めのソロパートでの歓声全部が凄まじい声量だったことです。きゃ~きゃ~言いたいオタクなので、あ!この現場は声出していいんだ!って安心した。人が盛り上がってると自分も出しやすい。

ちなみにセットがせり出してきた時とメンバーがステージに降りた時もEX爆発レベルの歓声が起こって最高でした。

メンバーからも殺気かな????って気迫をヒリヒリ感じて、このグループ好きだ・・・と思った。

IN THE STORMまず曲自体好きなんですけど、1曲目にぴったりだった。迫力があるし、オープニングの不穏な感じに合ってた。歌詞もオープニングのストーリーとリンクしていた(よね?)。今考えるとIN THE STORM一曲で今回のストーリーを表してる気がします。

 

BE CRAZY

直前まで各々盛り上がっていた客席が京本君の「鼓動高鳴る~」パートで一斉に手拍子し始めた時とサビのオイ!オイ!って煽りを全力でやった時、スト担・・・強・・・と思った。

でもこれ絶対やれみたいな暗黙の了解というわけではなく、やらなくてももちろんいいし、みんな好きなように楽しんでいい環境が出来上がってたんですよね。分からなきゃだめみたいな雰囲気でもなかったし。そして知らなくてもメンバーがかなり先導してくれるから新規でも置いてけぼりは感じなかったです。

この曲メンステで踊ってくれたんですけど、メドレーでサビだけは見たことあるという感じだったので嬉しかった・・・。

それとこの曲でもう使われていたかは覚えてないんですけど、全体を通してモニターをたっくさん使ってくれたのが印象的でした。特にメンステでやる曲にはだいたいついてたような・・・?

やっぱり見えないっていうのは致命的なので、会場全体が盛り上がってるって感じられたのは後ろまでパフォーマンスが行き届いてたってことなのかなと・・・。

 

BRAVE SOUL

少年倶楽部という神番組のおかげで音源が手に入って嬉しいです。一週間遅いわという文句も言えないくらい良すぎたよね・・・。単独の時は当たり前に初見だったけど100回見てきましたくらい楽しかった。

この曲でバルコニーに行ったけど、お手振りじゃない曲で全員後ろに来てくれるのって最高では・・・?完全に後ろに行くと二階の人は見れなくなるけどモニター完備だったし、むしろ6人がまとまった場所にいるとモニターで収められるからなるほど・・・と・・・。

そして3:3に分かれて横の通路でも踊るし上手下手どっちにも来てくれたので細かい配慮が本当に完璧だった。

「オマエには負けないオレが取るテッペン」特攻服の背中に彫りたい。

 

PARADOX3D girl→ドロスト→hairFOLLOWTHE D-MOTION

最 高でしたね。もうPARADOXのちゃ~~ら~ら~ら~ら~~~~~!!!!ってイントロの時点で最高が確約されてた。

少クラでやってきた曲メドレー(?)めっちゃ嬉しかった。過去の少クラ映像は文明の利器のおかげで見ていたけど、これで私もおおっぴらにPARADOX最高って言えますからね。京ジェ歌の二枚看板は神。

3D girlが始まった時にこれは少クラメドレーだと気づいて盛り上がってたので全然思い出せないけど北ジェのあの部分は健在だったのですか?当方切実です。

ドロストで樹君が上に乗った時の客席の沸き方すごかった。せいぜい頑張れナンバー2って私たちも言っていいやつなんですか?治安悪くない?最高だな~。

HairFOLLOWのリミックスは北斗君のセリフから記憶がないです。二曲ともめっちゃ好きなので神番組こと少年倶楽部でお願いしたい・・・。

Dモはステージの使い方が神でしたね。階段の段差を使うって考えた人天才だよ。Dモの最初の特徴的な陣形を保ったうえで後ろの人にも見える位置でやるため、階段をステージにしちまったんだよ・・・。

 

Why1 for you

どっちも初めてきいたので、京ジェは歌が・・・うまい・・・と感動してるうちに終わった。少年倶楽部さん頼みます。

1 for youは曲が流れた時一部から断末魔からきこえたのでなにか「ある」曲なんだなと思っていたけど昔やっていた曲らしく。良曲を封印しないのはいいことだと思うし全員ゴリゴリに踊っててかっこよかったです。

 

この星のHIKARI

泣きましたね。ストのことをあんまり知らない時からこの曲は本当に大好きで、今となってはイントロで泣ける。このグループすごい!!と思った決定的なポイントはたまアリの祭でこの星を観客含む全員で歌った時なのでまた歌えて嬉しかった。

この曲の何が好きかってイントロがかかった瞬間に多幸感があふれるところ。待ってました!!って心から喜べる。

100万回言われてると思うんですが、オラオラ系パフォーマンスのグループが歌う明るくてどこか切ないラブソングほど最高なものはない。

いや、この星ほんと、ほんとに好きで・・・歌詞を腕とかに彫りたいくらい好きで・・・。

ファンが歌うところで、メンバーがステージの中心に集まって笑顔で聞いてくれてるのがまたいい。早くデビューコンで歌って泣きたい。どう考えてもこの星にあふれてる光集めて推しを照らしたいフォーエバー。

それとAメロでアレンジして歌う京ジェがめっちゃ好きなのでやっぱり早くデビューして色んな番組で歌ってほしい。

 

エンドレス・サマー

これは少クラで披露済みだったし絶対やってくれると思ってた。歌割りが新鮮で、なのにどれもしっくりきた。声の相性もなんだけど、歌詞がそれぞれの年代にぴったりだった。

私の中ではこの夏の彼らのテーマソングでした。みんなもう子どもではいられなくて、大人になってしまうまで残り少ない夏を、きらきら発光しながらステージの上で生きてくれることがどれだけ特別か忘れないよ。

 

ジェットコースター・ロマンスSexy Summerに雪が降る→BANG!BANG!バカンス!→Ho!サマー

夏メドレーの無い夏コンなんて・・・なので喜びまくりの踊りまくり。セクサマの選曲は控えめに言っても神でしたね。

正直いうと途中樹君が1人だけはけてソ、ソロ曲だ・・・・・・・・・・・!!!!!と思ってから気が気じゃなかったのであんまり記憶が無いです。初日はこういう時にわたわたしてしまう。

 

黒―ンズの歌

神曲だったね・・・。樹君が階段をプリンセスよろしく降りてきた時普通に理性を失った。

かわいいって言ってたら終わったので早く映像見たいけどこれはさすがに神番組こと少年倶楽部様でも難しい・・・かな・・・。

舞台弱虫ペダルを通って来た人間があの場にどれだけいたか知らないけどスタートを切る!!!!じゃん!!!!と思いました。

自分たちのことを個性的で爆モテなやつらって言っちゃうのさいこ~~~~です。

 

Jumpin’Up

じゅり!じゅり!!じゅりじゅりじゅりじゅり!!!!!!!!!!!!!!!!できたので悔いはないです。EXもう一回割っとく?レベルの声量で最高だった。

ステージの端っこでわちゃわちゃするのがかわい~~んですけど私の方が腰振る側だったのでかわい~とか言えなくなってしまった。

 

Pray

ジェシー君は本当に歌がうまいんですよ。いやなんかもうすごいんですよ、言葉にできない。アカペラで、ぐんぐん伸びる声で、いや、ほんとうに聞けて良かったです。

テレビで見ている時も当然抜群にうまいけど、生で聞くとやっぱり全然違います。私がジェシー君のために祈りたいです。

会場全体が赤いペンライトに染まってたのもよかった。

 

I got the FLOW

あの!!!!!!!これちょっと話していいですか!!!!!!!!!!??

ジェシー君と樹君でI got the FLOWしてほしいって言ってたんですよいやこれはマジで。

ジャニーズWESTさんの曲って意外にJrの皆さんに歌われてないのでは?と気づき良曲いっぱいあるから歌ってほしい・・・I got the FLOWとか樹君ぴったりじゃん?でもあれ2人でやる曲だから、そうジェシー君とやったらめちゃかっこいいのでは・・・?とかねてから言ってたんですよ・・・。

最近はもはや、まぁI got the FLOWはやるんですけどね~とか言ってたけど、ほんとにやってくれるとはおもわなかった・・・。アイガッタフロー(打つの面倒になった)・・・なんなら今回のWESTツアーのチケ代の4割はアイガッタフローに払ってる気でいたし・・・。

だから曲始まって0.5秒でもう叫んでましたね。樹君が流星君パートと判明した時も後に控えるオゥベリグゥ・・・を想像して叫びましたからね。

お友達と、もしもの時は支え合いましょうって言ってて私はこの時支えてもらいました。

よりによって樹君側だったけど、樹君腹チラ・・・チラというレベルを超えてませんか??これからも続けてほしいです。

オープニングからこの公演売れと思ってたけどこの曲ばっかりは映像化してほしいです。なんならフルサイズにして2番のジェシー君のオゥベリグゥも欲しい。絶対かっこいいから。

神番組少年倶楽部さんにはこれに続くユニ曲3曲をなんとか映像にしてほしい。最近ストにハマった私の先輩が見た過ぎてこのままじゃ死ぬって言ってるからお願いします。

 

今夜あなたを口説きます→SUNRISE→愛のマタドール

バルコニーに北斗君と高地君が出てきた時どっち見ればいいんだよ状態になって結局モニター見てました。この曲セクシーな歌詞をネタっぽく歌うってコンセプトかと思ってたんですけど(違ったらごめん)北斗君普通にえっちだった・・・。高地君はにこにこ歌っててでも歌詞はアレなのでギャップに興奮しましたね。

SUNRISEは、隣のお友達の手を握ることしかできなかったですね。他担があれこれ言葉を尽くしても表せないその人の力は絶対にあって、SUNRISEに関してはもうそれです。

歌う前に少し話してくれたけど、言葉を選んで選んでこちらに伝えてくれているんだなとわかりました。京本君は美しくて強くてだけど人間なんですよね・・・。

愛のマタドールは慎太郎君が出てきた時めちゃくちゃかっこよくてひゅ~~~~~!!!!って言った。京本君が傘持って出てきた時も美しかった。階段のセットに乗った二人がだんだん近づいていく演出がよかったです。

キングハイビ―の二人の花でも似たような感じで階段を使ってたんだけど、2人曲であの演出は燃える。

 

DON’T YOU EVER STOPPeakRockin’

演出がいよいよ天才だった。自分を追う影をそれぞれのソロパートで倒していく設定で、スクリーンに映し出された影と踊るように戦うんですよ。倒さなきゃいけないのは自分なんだよ、こんな業があるか!?

ドンエバの選曲がヤバすぎたのは、そもそも歌詞がこの状況とか場面に合ってたのもあるし、随所に散りばめられたガラスが割れる音とかもすべて利用してたとこです。フルだったのも燃えた。その中でも会場がいちばんヒートアップしたのは間違いなく樹君のラップだったと思います。

最後の怒涛のKAT-TUNラッシュも少クラでやっていたものがあったので予習しといてよかった。ドカドカ盛り上がれて楽しかった。公演中はとにかく楽しい!って感情しかなかったけど曲をじっくり聞きなおしたらやっぱり歌詞が最高。KAT-TUN先輩は最高。

 

NEIRO

このあとのひとりひとりの挨拶も含めて泣きました。

今回全員で歌ったバラードってこの曲だけで、そのせいかよけいに身に染みた。

全体を通して影に追われていた彼らはそれをドンエバで打ち破った。影って色々なものを想像できると思うんです。私はどうしても今彼らを、というよりJr全体を取り巻く閉塞感と捉えてしまって、だからボコボコにしてくれてよかった。

この勢いのまま駆け抜けて終わるかな、と思ったけど最後は立ち止まってファンの方を向いて歌ってくれたんですよ。

サビの「この光 君の優しさを こんなにも感じてる」って部分、やっぱり歌詞が物語にリンクしてる。「君」はメンバー同士であってほしいし、そして彼らを照らすペンライトのひとつひとつでもあってほしい。

この星のHIKARIでもそういう歌詞が出てくるし、今回の単独だけじゃなくてSixTONESにとって光はすごく大切なものに感じます。

 

Amazing!!!!!!

オリジナル曲になぞらえた言葉がつづられる、物語は終わりに向かう。私たちは気づき始めたんですよね。あめーじんぐだ、やばい、もうやばいって客席のささやきは渦を巻いて熱がこもって、スクリーンに映ったAmazing!!!!!!の文字にまた聞いたことないくらいの歓声があがって。

ここでAmazing!!!!!!なのは安直なのではなく、肝心なところで外さないっていう彼らのコンサートの作りのうまさだと思いました。

この曲がキラーチューンなのは明らかで、いつやっても盛り上がるしそれこそ安直な私は一曲目かなとか思ってたんですが、この曲の力をメンバーも信じてるんだと感じる構成でした。

なにがびっくりしたかってオープニングで着ていたAmazing!!!!!!の衣装をもう一度着て登場したこと。この曲にかける思いやこの一回にかける気合がビリビリ伝わってきて熱かった。

最後に6色の羽根がでてきたのもすごかった。どんどんパワーアップしていく羽根・・・。余談、その場ではひとつも掴めなかったけどバッグの中に黄色い羽根が入り込んでて高地君しんどいが加速した。

 

SHOW&SHOW

超!楽しかった!!12345SixTONES!!のコールはメンバーが先導してくれるタイプのアンコールで、これ色んなグループに取り入れてほしいと思った。そっちの方がそろうし声出しやすいので・・・。アンコールは特別なことなので望みすぎなのは分かっているけど・・・。

コールの声はものすごく大きくて、もう声を出さずにいられなかったんですよね。

それに応えて出てきてくれたのはバルコニーで!!!!あのサプライズ感はまさしくアンコールだった。振り返るとメンバーの動きに合わせてたくさんの6色のペンライトが揺れていて、すっごくきれいだった。

アンコールでSHOW&SHOWをしてくれた最高さ、この上ない!!Let’s start the SHOW!!って、いつだって今が最高で、今からが始まりなんだよSixTONESは!!

この瞬間が永遠だ!って笑顔で教えてくれる、世界を変えるのはオレたちって断言してくれる、こんなのついていきたくなるでしょ。

 

アンコールまでの流れを体感するとあまりに美しすぎて、あ、これで終わりなんだなってわかる。ダブルアンコールの声も引っ張り出したいって思いより、君たちのコンサートはすごすぎた!!ほんとに!!って気持ちを叫ぶ言葉がアンコールしかなかった。

ほんとになにもないのよ~って言いながら出てきてくれて感謝の会(ジェシー君命名)を開くのは和んだ。ほんとにしゃべるの好きなんだな、武器が多いな。

ダブルアンコールのあとは会場が拍手で包まれて、素直にすごいファンだと思ったし、退場の間どこかしこから天才!とか楽しすぎた・・・とかの声が止まなかったんですよ。またSixTONESのライブに来たいって思った。

 

 

メンバーについても「かっこよかった」しかない感想を書いてたので一緒に載せます。順番めちゃくちゃじゃんってコピペしたあとに気づいた、許してください。

 

ジェシー

ジェシー君ってめttttttttttっちゃかわいくないですか!!?????すごいびっくりしたんですけど、おしゃべりするとすごいかわいかった・・・。

少クラとかを見ているとやっぱりJrの中心というか、ガンガンしゃべって前に出てパフォーマンスもできる人ってイメージだったので、かわいいよりかっこいいが先行してたけど今回で目覚めましたね。ジェちゃんはかわいいよ。

メンバーだけだとこんな顔も見せてくれるんだとおもった。MCの時は自由にしゃべって笑ってほわほわしていてあと想像してた100倍高地君への好意をビシビシ感じた。

年相応!21歳!グループの末っ子組!なジェシー君を知れてよかったですもっと好きになってしまった。

ジェシー君はもともと密かに推してて、ジェシー君の寝巻き男子目当てに雑誌を買うなどしてたんですが、あの華やかさは努力も相まって放ってるものだ・・・とも知ってたので(神企画こと寝巻き男子等参照)ジェシー君が笑顔で歌って踊れる世界がずっと続いてほしい。

あとメンカラ赤ってのが強すぎて最高。

 

北斗君

単独のIN THE STORM最初の北斗君ソロパート「君は見える」で会場が大爆発した時北斗君ってやっぱりやべぇ!って思った。

北斗君って魔性の魅力があるというか一発で女を落とす力がつよい・・・気がする・・・。あと、アンタ絶対北斗君好きだよ!!ってオタクが一定層いる、私の周りにもいるしそういうオタクは絶対北斗君の虜になる。

それとアクロバットがめちゃくちゃかっこよかった!!!!アクロバットのこと無知に等しいけど動きがなめらかでただただきれいだった・・・。

パフォーマンスはセクシーでかっこいいしMCの言葉のチョイスは絶妙だしこれは好きになるよ~~と思ってたけど、さらに!笑うと!!かわいい!!!この三段構え・・・。

これは本当に個人的なあれすぎるんですがストを履修しまくっていた時「北ジェ」という概念に出会いドンピシャに胸に刺さったものの時は2017年で・・・。ほんっとに好きで・・・なのでまたふたりで曲をやってくれたら・・・とっても嬉しい・・・デビューしてユニ曲とかで・・・。

またメンカラかよって感じだけど紫じゃなくて黒なのがまた・・・いい・・・。

 

高地君

かっこよかった・・・。愛がほしけりゃ任せろLOVE(正しい表記わからない)をはやく映像化して安定供給を実現、たくさんの女をおとしてほしい・・・。

お友達も私も高地君のパートのたび「かっこいい・・・」って完全に恋してたのでやばい。やばいんですよ!!!!高地君はやばい!!好きかも・・・が好きだわ・・・に変わるまでが秒。

それとジェシー君がこんなに高地君のこと好き・・・好きっていうか尊敬・・・?っていうか好き・・・?なの、いや雑誌とか少クラで知ってたつもりだけど超えてました。

でも高地君のこと好きになるよ・・・わかる・・・とも同じくらい思った・・・。

やっぱり高地君がぱ~っと笑ってる姿が見えるとほっとする。

そして笑顔を封印するとギャップでさくっと落ちる・・・さくっと・・・。

ジェシー君と47都道府県行こうとしてるけどまだ3つしか済ませてないって話になったとき、これからもずっとSixTONESは続いていくからその中でねみたいなことを(ほんとにニュアンス)言ってくれたり、最年長の方がこれから先をこの6人で見据えているのがぐっときた。

 

慎太郎君

顔がつやつやしててぴかぴかしててかっこよかった。目がきらきらしてた。

ジェシー君も含めてストの年下2人はビジュアルも大人っぽいししっかりしてて年下組に全然見えないと思ってたけどやっぱりおしゃべりするとかわいい!!ば~~~~っておしゃべりできる環境があるのがとても良いし、たくさん話してもきちんとした内容になるのがすごい・・・。

ざいま~~す!!もズドンに次ぐ流行語になってるし、トーク中も思っていたけど小さなネタでも拾って膨らませるのがうますぎる。

ダンスとアクロバットは当然ちょ~~~かっこよかったけど、歌声も好きなのでたくさん聞けてうれしかった。IN THE STORMの「そう2人を引き離す」ってソロパートがマジ 好き なんですけど、生もマジ 最高 でした。

やっぱり何をするにしても実力があって、でも若さが弾けてるな~って感じる部分も多くあってなにも知らない私が言うのかという感じだけど慎太郎君がこのグループにいてよかったなとおもいました。

 

京本君

美しい。画像映像で見ても美しいけど生で見ると本当に異次元に美しいので、神様の顔が京本君でもなるほどね!とおもう。

京本君とジェシー君は滝沢歌舞伎2016で本物にお会いしたことがあったけどその時はJrのことを全く知らなくて、それでも京本君の真珠のような美しさと歌のすばらしさは記憶してた。

Jr祭りの時京本君だけ遠くにいても一発で分かるくらい発光してたし今回もそうだった。発光してるんだよ京本大我さんは!!今回は髪が伸びてたから中性的なビジュアルでこれまた美しくて、もう姿を見るたび感動した、お肌とかシリコンみたいにつるつるだし。

顔しか褒めないのかといわれるとそんなことなくてパフォーマンスも完璧じゃん!?と思うんですが、さらに性格がきりっと成人男性なのも超イイ・・・。ちょっと謎な言動があってもいいのよ、人間みを感じるというか、美しさとのギャップだよ(結局)。

またニュアンスなんですけど最後の挨拶で「ここからの風景がいつまでも穏やかでありますように、ぼくが、ぼくたちがみなさんのことを守り続けます。」という感じのことを言われてて、こんな言葉を選び取れる人いますか!?品があって力強くてもう京本君にしかできない挨拶だとおもいました。

 

樹君

樹君、はちゃめちゃに美形。Jr祭りでモニターに顔が映った瞬間あまりの美しさに度肝を抜かれた。

小さい顔はきれいで濡れたような赤髪が目元をちらちら隠してて、中学生男子みたいなドキドキが止まらなくてマジかよとおもいました。ギラギラしてるな~と思ってたはずなのに・・・。そこから繰り出されたあのラップ!!樹君のフォトセ買わなきゃ一生後悔するって直感したからな。

今回へ~!と思ったのはMCの進行が樹君だったこと!雑誌のインタビューとかを見ていても頭の回転が速いなと思ってたけどMC回す人だとは思ってなかった。でもしっかりしててみんなへ目を配っていて仕事をする人だった、かっこよかった。

ちょいちょい客席(あれを席を呼ぶかはさておき)を見てどう?ってはにかんでたのが好きすぎて・・・だった。モテてた。

私今回の単独へ行って、樹君に絶対幸せになってほしいと思った。生きてる間ずっと幸せでいてほしい。あと、できれば、ずっとSixTONESとして。

Jr祭りで好きになったからまだ数か月しか経ってないのにそのわずかな時間で世界が動いてしまって、どうなってしまうのかわからないけど樹君の声はそう簡単に聞けなくて。

だけど挨拶で来てくれてありがとうと笑ってくれたのも、初日以降で少しずつ触れて自分の気持ちを言ってくれたのも、もしかしたら今のタイミングだからこそ言葉にしてくれたことなのかもしれない。

 

好きな人には幸せになってほしい。Jr祭りで樹君におっこちて単独に行くことができて、SixTONESをグループごと好きになった。というかたまアリでこの星を歌った時から、あの輝きをもっと追いかけたくてたまらなかった。

Jrのグループをまるごと好きになるのは正直怖かった。なにが起こるか分からなくて、自分のメンタルがもつのかもわからない。

でもこの夏焦がれるほど好きになった事実は間違いない。彼らを見ていると不思議な気分になる。どこまでも高くいけるよ。

デビューの三文字は重い。こんなの私より長く応援してきているファン、つまりほとんどの方、そしてメンバー自身が胸に抱え続けてきているであろうことなので、甘いんだよおまえはと言われればその通り。

でもあのグループの力を見て見ぬふりすることなんてもはやできない!!絶対デビューしてほしい。爆音とともに世界を変えてほしい。

そのために自分がなにをできるのかわからないことだらけで、とにかく好きだって叫ぶことしかできない。このブログもそういう気持ちで書いた。

今しかないかもしれない。誰にもわからない。今を忘れないようにひとつひとつを刻みながら未来をつかみ取るため走りたい。あの日からずっと胸の奥が熱い。

 

 

「優しい笑顔」


もう1年過ぎた。
時間が経つスピードがなんだか速くなっている。
この前年上の人にそれを話したら、あと5倍は速くなるって言われた。

私は望よりちょっとだけ先に誕生日を迎えるので、既に年齢欄を書き間違えることはなくなっている。
去年は年齢を口に出す度ふわふわしていた。
将来のことが不安で、これから何をしても自分で全責任取らなくちゃいけない。たった1歳違うだけで、周りの目が違う。当の私は特に変わっていないのに環境だけが対大人になるようで、少し怖かった。

でも今年に入って、すとんと地に足が付いた気がした。悪い意味かもしれないけど開き直ったというか、胸のざわざわがとれた。私は1年かけてやっと自覚が芽生えたのかもしれない。

ざわざわしてたとか言いつつ、オタクとしては1年間本当に楽しかった。初めてコンサートに行って、遠征もして、たくさんの人と出会った。
それとこれまでよりずーーっとおしゃれするようになった。このブログは会ったことある方とかそのうちお会いする方とかがたぶん読んでなくもないので正直黙れブスと言われればその通りだけど主観だから!自分的にだから許して!

ジャニーズWESTクリスマスドームの2日目にピンクのニットを着て行った。ピンクの洋服を買ったのはもはやいつ…………小学…??レベルなので、目にまぶしすぎて消えそうだった。

なんかこうピンクって、どうにもだめだった。なにか色物を選ぶ時はだいたい寒色系を取るし、ピンクだけは避けてきた。
ピンク色は嫌いな色じゃなくて、私が選んじゃだめな色だった。誰かになにか言われたことがあるわけでもないけど、ピンクを選んでいいのは自分の中の女の子をきちんと受け入れてて、表現できてる子なので。
だけどこれはたぶん、いつかどこかで知らないうちにかかった呪いだった。

だから望のメンバーカラーがピンクじゃなかったら、自分さえ気づいてなかった呪いは本当にずっととけなかったと思う。
クリスマスドームへ一緒に行く友だちと何を着るか相談した時、それぞれの自担の色は取り入れたいよねって話になった。
かわいくなくてもピンク着ていいかなって言ったら、関係ないよ!だって望のメンカラでしょ!着なきゃ!ってあんまりさらっと返されたからびっくりした。

25日の朝のことは今でも覚えてる。みんな早々に目覚めて、メンカラを意識したかわいい服に着替えて、ええじゃないかを流しながらお化粧した。
ひとりの子が綺麗な編み込みをみんなにしてくれてお揃いにしてしまって、ガラじゃないな〜ってはしゃいだ。みんなとってもかわいかったし、大好きだし、この瞬間をつくってくれたのはジャニーズWESTなんだと思うと、それだけで胸がいっぱいになった。

それから私の身の回りにピンクの物がちらほらと増えた。かわいい物も増えた。美人じゃなくてもおしゃれしてよかった。誰にもなんにも言われない。私は実はなにを持ってもよかったし、なにを着てもよかった。
女の子っぽいモチーフを過剰に避けてきた反動で、今では色々なかわいい物を素直過ぎるくらいにかわいいと思う。
きっとこの感情を忘れたままでも生きていけたと思う。だけど人に言うほどではないコンプレックスを抱えたままだった。

望はピンクが似合う。去年までも似合ってたし今年も似合ってる。メンバーカラーが変わらない限り、何歳になってもピンクを軽々背負うんだ。
私はある種の感謝を込めて、これからできる限りコンサートに行く時はなにかしらピンクを身につけたいと思ってる。(言うだけタダ)
ジャニーズはすごいよ!みんな現場に行く時は無条件におしゃれして行っていいんだよ。ワンピースとか買ってもいいんだよ!しかも別におしゃれしなくてもいい、その人が決めていい。

あっという間に時間は経って、望が21歳になった。
20歳じゃなくなることに寂しさは無い。ぽんぽんと階段を駆け上がるように年を重ねて、どんどん輝く人になってほしい。
だけど私は20歳の望をリアルタイムで追っていた日々、経験、得た感情までずっと忘れない。私はこれからの人生で何回も、望に出会えて良かったなぁと思い直すんだ。

君はこの1年をどう思ってるだろう。ドームや主演映画、きっと私よりあっという間だったはずだ。
今年はもっと充実していて、なにより健康な1年になりますように。
欲を言うと前髪長いの超かっこいいからもうしばらく長めでいて欲しい!でも短いのもかっこいいよ!

代わりに泣いてくれ

会場を出ると雨だった。
お昼はあんなに晴れて暖かかったのに。
そういえば、去年と同じコートを着ている。
夜の冷たい風が袖口を抜けた時、気持ちを押し込んだようなあの日の灰色の空を思い出した。

スポットライトはまぶしくて、そこからこぼれた光に目がくらむ。だけど確かに健くんは立っていた。
ステージを駆ける靴は左右同じで、お決まりの白靴下が細い両足首を包んでいる。

カーテンコールで音を鳴らさず軽やかに歩いて来る姿を見て、やっとこの日が来たのかと震えた。
長かった、私は1年間この時を待っていた。

今年は恐ろしいほど落ち着いていた。
乗り換えも間違えなかった、グッズ売り場も迷わずさくさく買えた。阿部くんの天気予報が見つけられなくてウロウロはした。(幕間に貼られていた)

健くんは知らない。
私が去年何を思い演舞場まで行ったかなんて。
DVDをほとんど見返せずにいたことも。
初日から今日まで、終演直後に怪我の2文字が書かれたレポがあるか調べていたことも知らない。

だけどなんにも知らなくていい。
健くんが去年も今年も演舞場に立った、その事実だけあればいい。
あの日みた健くんの正しさはあの日だけのものだ。
そう、そうなの、私はあれをひとつの永遠と定義した。

長すぎる時はしかし緩やかに進む。
もしかしたら1年越しに、私のあの日の歌舞伎も共に終幕したのかもしれない。いや、きっとそうなのだ。

結局、私が彼に望んでいたのは機会だった。
もう一度あの板に立って、もう一度なぞるようにあの演目を踏みしめる。
去年と近いけれど確かに違う数々を、あぁなんてわがままだろう、私は健くんにもう一度やって欲しかったのだ。

いつだってあの場所には願った以上のものが詰め込まれている。
蹴り上げた脚は力強く、ターンは鋭くなめらか、頬の近くで切り揃えた輝く茶髪。

なんだか泣くのも違う気がして少し我慢した。だけどずっとずっと楽しくてたまらなかった。
去年だって笑いあり、涙なし。今年も笑いあり、涙なし。100%の気持ちでそれを体感したかった。

終演後、演舞場に渦巻く充足感に満ちた空気が好きだ。千秋楽まで毎日こうでありますように。誰もが充実してたのしい春になりますように。

雨はすぐに止んだ。
桜を散らすこの時期の雨はちょっと恨めしい。
だけど演舞場の桜は5月まで満開で、それならもう外のことなんて構わない。
濡れて帰りたい気分だった。
どうせならもう少し降っていてもよかったのに。

f:id:satohaV6:20170414203148j:plain


And I slept happily ever after.

 

しかし、思い返すと初めて泣いた。というよりもようやく泣けた。

あなたがあなたの意志に反してステージに立たない、立てないことなどあってはならないないのだ。

 

年が明けてふと見た動画、覚えきっているあなたのパート、望んだ声も姿も無くて、それになかなかの衝撃を受けた。

あなたが卒業する未来が確実に訪れる以上、それの想定は何度だってしたしその後の身の振り方もすでに決めている。

でもこんなことなんて想像していなかった。に決まってるじゃないか。

それからずっと新しいものから自分を遠ざけていた。何も受け入れられなくて。あなたがいなくても時は進むのか?そんなの許せなかったよ私は。

それを誰かに言うのも誰にだって求めるのも間違っているので、静かに自分の時間だけ止めた。マイナスの感情を発するのは巡り巡ってあなたのためにならない。

 

あぁ、彼女がステージに戻ってくる。

ステージにいるあなたが宇宙一美しくて素晴らしいことを私が証明できたらどんなに良いだろう。

稲妻のように空気を貫く歌声、星空を閉じ込めたまなざし、自身から音を発しているようなダンス、そのすべて、すべて、すべて・・・。

思うだけで息ができなくなるそのすべて、もう正直に言うと彼女のパフォーマンスを生で浴びるたびにあなたしか愛せない喜びに狂っていくようで、毎回その場で泣き崩れたくなる。

好きだ、好きで好きで、もうだめなんだ私。ようやく世界が正しくなると思うと、もう。やっぱり私が好きなのはあなたなのだと何億回目かの気づきを得る。

 

何事も理屈が先だから、きっと生涯に一度の一目惚れは優樹さんに捧げた。そしてそれは全く、微塵も間違いなかった。何年たってもそう思うし、そう思わせてくれるあなたが今日もいる。

その吐息に触れるとき、指先を見つめるとき、私は誰よりも幸せだ。せめてそれをここに書いて証明しよう。

 

私が神様だったら絶対に、君を真ん中に置いてこの世を回したよ。ほんと。ひいきってそりゃ、君がすべてなんだから・・・。でも神様じゃないから、ただただ幸せであってほしいって毎日願ってるの。ごめんね、ぜんぶ私のエゴだよ。でも君が笑顔で生きることが幸福に感じる人間がいるんだ。気持ち悪いでしょ?

ひとりで立てなくてごめんね。決して君には言わないからどうか許してね。

 

あなたが決めたことならなんでもいいんだよ。その手に持つ切符で望む夢の先まで走れますように。私はそれを見届けたいんだ、

sweets memories

甘いものが好きだ。ほとんど無差別的に好きだ。
小学校の卒業式の後に母と喫茶店で食べたパフェ、バイト先でいらつきながら泣いて食べた差し入れのチョコレート、あの子のベッドの上で分け合ったケーキ、引き出せる記憶のいくつかに甘いものがある。

好きな食べ物はたくさんあるけど、甘いものってきれいに大切につくられていてどきどきする。みてるだけで幸福で、ちょっと大好きな君にも似てる。

 

己の身に過ぎたる幸せは恐ろしく思えてしまう。一度に受け止められる量は限度がある。
認められることや好意を向けられることがどうにもだめだ。ゆらゆら、眼球がゆれうごいて、肺を絞って息をしなければがたがた倒れてしまう。困るし、申し訳ない。

時間が有限である以上発する言葉にも限りがあるはずだ。美しいと思う人、好きだと思う人ほどそれを無駄にしてほしくない。これはわがままだけど・・・。

 

私は幸せな思い出をケーキにする。
大きいもの、小さいもの、色とりどりに作って並べる。いっぺんに受け入れられないならこの気持ちを保存がきく形に変えればよいのだ。悲しい時や元気を出したい時、単に振り返りたい時、私はナイフとフォークを持ってその場所へ行く。

少しずつ少しずつ幸せを噛み砕く。これは初めて自分のお金でCDを買った時、そっちはファンクラブの会員証が届いた時・・・。

 

アイドルがくれる幸せはかなり素直に受け止められるようになった。それらは全体に向けたものなのでみんなが喜んでいてまた嬉しい。そもそも今の私はアイドル生きがいを見出している部分があるのでポジティブな感情を求めるのは間違ってないと思う。

 

なによりあなたは私に愛の光をくれた人だから。私はそれに伴ってうまれた優しくて甘い気持ちを自身にゆるしている。

あぁ、思い出すだけでなんて甘美な記憶。私、もうあれで十分。むしろ満杯も超えた。
もしこれから先あなたのことで泣くことがあっても、どんなに苦しくてもあの事実は永遠に変わらなくって。永遠って、ほんとにずっとずっとなんだよ。

すごく大きいクリスマスケーキは意外と素朴で優しい味がする。だからつい食べ過ぎるんだけどこれが本当に大きいのでなかなか無くならない。

 

仙台での思い出がなかなか消化できなかった。
あの爆発力をどう自分の中に落とし込むかが定まらなかった。私生活で心配事が多くて、心の中に調理場を作るスペースもなく、散らかっていく様を眺めていた。

なんだか文章が書けなくて、しなければいけないことがはっきりしてないけどたくさん、ますます心が荒む。なんとなく眠れない夜とずるずる起きられない朝が続いて、部屋では心が長いひれを揺らして泳いでいる。電車の中で涙が我慢できなくなったらアウト、そのラインまで到達していたけど具体的な要因が分からない今回は、なんだかそれも嫌だった。

 

昨日、久しぶりにすっと目が覚めた。部屋に射す光が目について今日は晴れてるんだろうなぁと思い、携帯を手に取る。
起動とともにLINEの通知がいつもの数倍は来ていて、抜けた声が出た。
どれもこれもおめでとうと書いてあるメッセージ。あ、これは、もしかして、指より心が急く。

 

またあなたが世界を回してしまった!学生服に身を包んだ姿は腰を抜かすほどきれいで、とってもとってもかっこいい。少女漫画から飛び出してきたような人だったけど、本当にそのものになってしまった。

街や駅の看板に大きな宣伝が出る。雑誌の表紙をいくつも飾る。あなたは景色の一部になる、時代を切り取った瞬間に残る。それってなんて素敵なことだろう。私の好きな人の美しさは正しく証明される。そしてあの大きなスクリーンで主役のあなたが演技をする!

 

あぁ、多くの人がその瞳を見るんだ、まだあなたの瞳のきらめきを知らない人々が。伏せたまつげ、甘く通る声、長く伸ばした前髪、高い背丈にすらりとした脚、いったいどれだけの人々が恋に落ちるのか。

なにもかも想像するだけで心がおどった。ここ最近のうつうつとした気持ちはかっとばされた。なんというか、結局いつも救ってくれるのは彼らで、あなたなのだ。

叶えたい夢をこうしてまたひとつ確実に手の中に収めた人は私の好きな人。愛した人はスーパーアイドル!

 

すごくダイエットを頑張っていることを人並にだけど知っている。寒いところが苦手なのも、きっと他に色々知り得ない大変なこともあるんだろう。

やっぱり少し心配してしまう。だけどそれはきっと不要でなんならすべきでない。
それは同じ時間を生きていきたいと思っているから、あなたの未来を見たいから。そして私は私の生活を送るのだ。

 

望君、映画初主演おめでとう。新しくて素晴らしい場所に私も連れてきてくれてありがとう。あなたがスピードを上げて階段を駆け上がる様は、強く凛々しく頼もしい。

私の近況、甘い食べ物と甘い飲み物を一緒に頼めなくなった。こうして普通のコーヒーを飲める日が来るのだろうか。これもたぶん階段の一歩・・・いや半歩くらいにはなっているはずだ。

それと大きな環境の変化が待っているけど、それぞれの場所でそれぞれの新しい挑戦と思えば少し楽しみになってくる。頑張ろう、今年は21歳だもの。

 

お祝いに、大きなケーキをひとつこの胸の中に。だけど今は抱えきれない喜びに浸っていたい気もする。いつか遠い冬の日にふと、今日だったなぁと心弾ますんだろう。

そして記念日はどんどん増えていく。あなたの光に照らされるほど、私はこの世界で呼吸するのが楽になっていくようだ。

この映画に関わるすべてが無事に進みますように。望君が撮影期間に風邪ひきませんように。そんな思いを込めて、ラブレターをまた1枚。

 

ほんとにほんとにおめでとう、そしてありがとう。
希望に満ちたこの船に乗って、次はどこでどんな光を見ますか?
とびきり甘い、夢のような確かな未来を見据えたこの船で!

王子様は歌詞にお住まい2

 

今日もジャニーズWESTさんへのときめきが止まらないオタクです。
タイトルからお分かりかと思いますが

 

satohav6.hatenablog.com

 


このブログの第2段です。前回選んだ曲の他にも候補があって・・・って書いていたけどこんなに早く書くとはな・・・。日々妄想のオタクだから仕方ない。


今回は全員かわいい曲縛りで書きました。バレンタイン近いからね(?)
読み返したら前回よりさらに ジャニーズWEST 夢 全年齢 で検索したのかな?って感じになったので察した人閉じてください。


図らずも夢小説に限りなく近くなり、スーパーエセ関西弁が乱舞してます。分からないくせに書きまくってごめんなさい。指摘する時は優しくしてください。あと濱田君はこの漢字で書いてます。


相変わらず何もかもすべてがフィクションで妄想!!実在するすべてに関係のない文章です!!!

 

 

重岡大毅×安心感(Berryz工房


前回も重岡君×白いTOKYOを書きたいがためのブログって言ってたけど今回も発端は重岡君です。私の思い描く彼の像とハロ曲は親和性が高いんだよね。

黙ってついて行く 決心をしたけれど

「本気だよ」って言葉は 嬉しいけれど

彼氏の重岡君は熱くてまっすぐで友だち想いのムードメーカー。だけど彼女には素っ気なくて、付き合ってることも仲良い人にしか言っちゃダメ。

照れ屋なだけで本当は優しいって知ってるけど…なんだかんだ女子人気があるから、安心できない!!だけど色んなことを強要するのは彼の自由な笑顔を奪うみたいで嫌なんだよね・・・。


部活も違うし(この曲の男の子は野球部)学校ではあんまり話さないんだけど、実はしょっちゅう電話をしてるのよ!テスト前とか重岡君の部活が忙しい時以外に15分くらい。かわいい!!!

ねぇあさってこそ あなたから電話をして
ねぇ母さんに 自慢をしたいのよ

でも、まぁ〜これもさ、重岡君からはかかってこないわけ・・・。9時って決めてるんだから時間になったらかけてくれればいいのに、嬉しいのに・・・。いつも1分くらい待って、彼女からかけるのよ・・・。おう、って声がいつもより高い。

部活で嬉しいことがあるとちょっとテンションが高くなるけど、今日もなのかな?とか思ってたら新しいマネージャーが入った話。
少しムッとしますよそりゃ。かわいい?って聞いたら「んー?ほら、隣のクラスのさ、神山、知らん?」え!!??あの神山智子ちゃん・・・??

・・・超かわいいじゃん・・・・・・。しかもかわいい?って聞かれて名前言うのナシだよ、こっちに判断させるな(怒)って感じだよね。

「めちゃくちゃかわいいじゃん、よかったね。練習気合い入るね。」って声が思ったよりも怒ってて、すぐに自己嫌悪。
さすがの重岡君もやばいと気づいたのか、少し間が空いちゃう。ごめん言いすぎた、また明日って切ろうとしたら、あ゛~~って呻きが聞こえて、切るボタンを押し損ねる。

 

「よぉ聞け、1回しか言わへんからな。」に携帯を握りしめる。「おれ、お前のこと本気やから。忘れんなよ。」って告白された日と同じ声色で言ってくれる・・・・・・。好き・・・。

おい、なんか言えやぁって電話の向こうで照れまくっているであろう彼のこと、許しましょう。でも、明後日しげから電話して欲しいなって言おうね。1日の猶予はほんとに猶予なのか!?了解・・・ってもっと真っ赤な顔で答えてくれるはずです。

安心感 - Berryz工房 - 歌詞 : 歌ネット

 

 

桐山照史×アンブレラ(タンポポ#)


仲良い「キョウダイ」みたいなんだって どっちが上なのよ
どっから見てもお似合い ラブラブなのにね

照史君とは出会ってまだ半年。なのに今までにないくらい気が合うし、一緒にいて楽。ケンカもするけどその何倍も楽しいことがある。堅苦しくない、自分を良く見せようとしなくていい、こういう恋人関係もアリだな〜って思う。

でも恋人には見えないよねってよく言われるんだよ・・・。自分たちで思うのと友だちに言われるのはまた違くない!?

2人で話してるとコントみたいとか、強いて言うなら夫婦漫才とか、仲良し兄弟がはしゃいでるみたい・・・とか・・・・・・。いやせめてこっちが姉ですよね!?

結局近所の定食屋さん とんかつライス食べて

それでもなんか幸せ これでいいよね 

友だちののぞみは彼氏の智くんと色んなとこに行ってる。写真見せてもらったけど・・・どこもおしゃれ・・・。

女の子ばっかりのカフェにも2人で行っててもはやカルチャーショック。智から誘ってくれたの♡私が行きたいな♡って言ったの、覚えてくれてて♡ってのぞみのマシンガントークも絶好調。

照史君はそもそも甘い物あんまり好きじゃないし「俺も別に全然付き合うけど、友だちと行った方が楽しいやろ?」って言われそう。照史君こういうこと言いそうでは?


のぞみとの女子会を終えて帰宅したら夕方から大雨の予報。照史君、傘もって行ったかな?と思って連絡したら天気予報見てなかったらしく。
会いたかったからちょうどいいじゃん!って思って、でもそれは言わずに迎えに行くねの一言を送信しましょう。

 

2人で歩く帰り道、なんか食べて帰ろ〜って話になって思い出すのはのぞみたちのこと。でも結局何も言い出せずにもはや常連の定食屋さんへ。
とんかつライスをおいしそ〜に食べる照史君は可愛くて、やっぱり好きなんだよな!うん!!よそはよそ!うちはうちなんだよね!!!

そのまま照史君家にお邪魔するんだけど、傘立てにいつもの傘がない。
あれ?と思っていたら「うわ!もう見んといて!」って焦った声。無くしたの?と聞くとバツが悪そ〜に、会社置いてきてん…とのこと。

「傘無いって言えば迎え来てくれるんかな〜って、なんやこれ!恥ずかし!」ってカラカラ笑い出すのでやっぱり大好きじゃん・・・・・・?????

アンブレラ - タンポポ# - 歌詞 : 歌ネット

 

 

中間淳太×もしも・・・(ハロー!プロジェクト モベキマス


帰らないと 少しすねてみたけれども

自宅のすぐそばまで 車は着いたわ

嫌だ嫌だと もっと一緒にいたいよと

ごねてみてもクール 帰っていっちゃった

淳太君、いつも自ら門限を守らせようとするし礼儀作法に厳しいし、彼氏っていうかもはやお父さんみたいな感じなんだよね・・・。

今日も9時には家の前に到着。あれこれ提案してもまた今度な、の一点張り(怒)もうちょっと一緒にいたいのに(怒)夜更かしするなよって(怒)

大切にしてくれてるのは分かるけど、たまにはもっと恋人っぽい展開になってもよくない???
でもアパートの中に入るまで車は動かないし、寝る前に今日も楽しかったでってメール来るから・・・嬉しいし、許しちゃうんだよ・・・。

もしも怖い夢を見ちゃって 夜中に電話しちゃっても

怒らず優しく話聞いてね それからチューして

ばちっと目が覚めた午前2時。何も覚えてないんだけどなんだかすごく怖い夢を見た。
気を紛らわすために電源を入れた携帯、思い浮かんだのは淳太君の顔。

子ども扱いしないで!っていつも言ってる手前、連絡するかどうか迷っちゃうんだよ・・・。怖い夢見て眠れないなんて言えなくない?ましてやこんな夜中に迷惑かな・・・??と悩みまくるよね、分かる。

それでもやっぱり心細くて、電話するのよ、出なかったらそれはそれで諦めつくし
コール3回で切ろうと思って通話ボタン押したら速攻繋がってびっっっっくり。


なにも準備できてないから言葉が出ないでいると、「どうした?」って優しい声が~~するんだよ~~~。(泣)

「遅くにごめんね」「ええよ、今から寝るとこやったし」(淳太君遅寝っぽくない?)「怒らないで聞いて欲しいんだけど…」いくら優しいからってさすがに内容によっては呆れられるかもじゃん?だから前置きするけど、「怒らないから、寝られへんの?」っても〜ほんと優しいんだよ……。

淳太君と電話といえばメンバーがラジオで電話しがちじゃないですか。(そんなしがちじゃない)この前小瀧君としてた時の〜あの~〜ちょっとゆるっとした感じ~~~~~~よかった・・・・・・。


30分くらいうだうだ話を聞いてくれて、そろそろ・・・って雰囲気になる。でもここまで恋人っぽい優しい感じなの新鮮だから、ちょっと甘えたくない!????甘えたいでしょ!!!!!!!!!!!!おやすみのキスとかして欲しくない!?しそうじゃない!???

だからねだってみるよね。そしたらたぶん電話の向こうでガンガンに照れてる(ニヤけてる)と思う。してくれないと寝れない!!!くらい押そう!!

うるさいって怒られるけど最後は「いい子やから、もう寝て(笑)、じゃあね、おやすみ。」ってちょっと早口で言い切って、ちゅってかる〜いリップ音を聞かせてくれるから・・・。おやすみなさい・・・。

もしも… - ハロー!プロジェクト モベキマス - 歌詞 : 歌ネット

 

 

神山智洋×私の魅力に気付かない鈍感な人(光井愛佳モーニング娘。))


元々は兄組で考えてたのですが、急に神山君・・・合うのでは・・・?という気がしてきて、そこからもう神山君です。この曲の男の子、年上なんだけどちょっとかわいいとこあるよね。

先輩の集まりがあり 一緒に行くぞと連れられ

「自分の彼女」と紹介をされ 嬉しかった

幼馴染の神山君は彼女より4つ年上(恒造です)だから、もうずっとお兄ちゃん的存在なんだよね。

小学校には手を引いて連れて行ってくれたし、中学生は年齢的に被らないからめちゃくちゃ悲しかったけど部活が無い日は会ってくれた。あと第二ボタンだってもらっちゃった!つまりは初恋の人なんだけど、神山君はいつまでたっても妹としか思ってないのかな。


そんなことで思い悩んでいたある日、神山君と部屋に2人きり。勉強(数B)を教えてもらうだけなのにお母さんは智君がいるなら大丈夫って買い物行っちゃった。(神山君が数B得意だったら萌えない?)

大学生の神山君は髪を頻繁に染めてるしピアスも開けまくりだけど相変わらず優しい。ちょっと休憩~っておしゃべりしてたら神山君の携帯が震えて、どうやら友達からのお誘いらしい。あ~~どうしようかな~って明らかに私のお守りを任されてるから渋ってる・・・。

ノートの隅に気にせず行っていいよって書いたらそれをちらっと見て、やっぱり行くわぁって。寂しいけどさすがにわがまま言う年じゃないしね・・・。

電話を切った神山君は「お前家の鍵持ってんの?」って聞いてくるから意図が読めない。あるよって答えたら「おばさんにちょっと気晴らしに行ってきますって連絡いれとき」とコートを羽織りだす。

え!!?!?連れて行ってくれるの!!!!!!いいの?邪魔じゃない!?って行くときに何回も聞いたけど、大丈夫やって笑ってくれた・・・。

高校の時の友達ばっかやし、緊張せんでええからってやっぱり妹扱い。でもみんな年上だし、お化粧してくればよかったってぼやいたらはぁ!?化粧するん?ってちょっと怒っちゃった・・・。

神山君に見せるのはいつかもっと上手になったらって決めてるから内緒にしてたけど、そんな怒らなくてもいいのに。

智君に褒めてほしいだけなのに・・・って言ったら学校にはしていってるん?ってちょっと見当はずれな質問。リップくらいはしてるって言えば、そんなん他のやつに見せる必要ないわってなんかもっと怒った・・・。そのくらいみんなしてるし当たり前だから(怒)他の奴見せたいとかじゃない(怒)


先輩の集まりは緊張するけど話せば楽しくて、でも神ちゃんの妹?なんて聞かれちゃった。昔はそうですなんてふざけてたけどもう冗談も言えない。

「オレの彼女」って頭の上から降ってきた声は、さっきケンカしかけて話しづらかった神山君のもので。え・・・ちょっと待って・・・?は・・・???

え~~!!かわいい!!いくつ?って質問攻めも頭に入らない!!いつから付き合ってるの?とか・・・え??今です・・・?


「ごめんな、今日は色々。」疲れたやろ?って気遣ってくれるのは嬉しいけど色々って・・・?どこまで含んでる・・・?

正直、やっぱりみんな大人っぽかった。みんな智君の、か・・・彼女、こんなもんかって思ってるよ絶対・・・ってちょっと落ち込むよね。

それを察したのか察してないのか、「お前はそのままでええんやで。」って頭撫でてくれるけど、早く大人になって神山君に見合う女の人になりたいんだよ~~~~~~!!!!

この曲は女の子と思いと男の子の描写が絶妙!!!

私の魅力に 気付かない鈍感な人 - 光井愛佳(モーニング娘。) - 歌詞 : 歌ネット

 

 

藤井流星×シャイニング愛しき貴方(カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)

彼女がいるの「知っている」と伝えたら

次会うときには別れてきたわ

なんか複雑でも すんごくねえ嬉しく思った 

インカレサークルで出会ったとんでもなくかっこいい藤井流星君。女子の狙いはもちろん彼なんだけど逆にかっこよすぎて近寄り難い・・・と思っている彼女。

しかも超超超きれいな女の人と歩いてるの見たことあるし、噂だと先輩と付き合ってるらしい・・・。その上でモテるって・・・いや納得の顔面だけど・・・。


恋にもならないうちに終わってしまった気持ちを抱えつつも夏にはちょくちょく話すような関係になって、合宿では同じ班。

こうして近くで接するとなんか・・・藤井君ってすごい・・・抜けてる・・・???と気づく。見た目はちゃらちゃらしてるけど、結構真面目なとこあるし、とっても優しい。あと天然。


特に盛り上がる話をしてるわけじゃないのに2人で話すと楽しい。あ〜これはやばいなと思っていた矢先に「いつまで名字で呼ぶつもりなん?」とビール(3本目)片手に微笑んでくるから・・・。

え・・・????好き・・・・・・・。みんな流星って呼ぶのに、1人だけふじいくん、なんてさみしいわぁってへらへらしてる。

甘酸っぱい空気に耐えられず、ほんのすこーーしだけ顔が赤い流星君のためにお水持ってくるねと席を外そうとしたら呼び止められて、潤んだタレ目にドキドキくる。

それなのに「今度2人で会お。」なんて爆弾発言をするから!!!!!!秒速でうんって言いたいけど、でも彼女いるんでしょ?って自分を戒める意味で伝えましょう。

流星君一瞬びっくりするけど、いなかったら?ええの?って聞いてくるので、まぁ・・・そりゃ・・・今よりは・・・としどろもどろ。


押しに押し切られて会う約束の日、これはデートだよな・・・彼女になんて言ってくるんだろう・・・でも期待するのも仕方ない?いやおかしい?ってぐるぐるしてたら流星君が到着(15分遅れ)。

ごめん、待った?と大して悪びれずに言う流星君は今日もかっこよくて悔しい・・・。ので、連絡くれればよかったのにってちょっと文句言ったら、遅れるつもりなかった、思ったより時間かかってんって何のことを言ってるかわからない(怒)

何のこと?って聞こうとしたら「別れてきた。」って右口角をちょっと上げる流星君。え??????????誰と?????何と?????


「彼女、いや元カノ?」って首を傾げ、「これならデートしてくれる?」と彼女の手を掠め取る流星君!!!!!!いや、自己解決してるじゃん!!!罪・・・。

なんかすっごい複雑じゃない?みんなにはなんて言うんだろうとか・・・彼女と上手くいってなかったのかすら知らない・・・。

というか今別れてきたの?ほんとに別れたの?もしかして私も遊ばれてる?いや、でも、なんか・・・嬉しい・・・。遊びだったとしてもいい・・・そう思わせる力がある流星君には・・・(個人の感想です)。

 

手を引き前を歩く流星君が唐突にくるっとこちらを向くからしばし見つめ合い、な、なに・・・???と動揺しちゃう。

あ~~、どう思われてるか知らへんけど・・・と眉をゆがませる流星君。ぱっと真剣な顔して目を合わせてきて、ちかちか輝く瞳がきれい。

「ほんまに好きやからこんなことするんやで。」はい!!!!!その一言待ってました!!いや期待以上!!!!!!

「今日でオトすからなぁ。」ってちょっと得意げな顔してるけどもう既に降参ですね。
2番の歌詞がまた似合ってるので聞いてみてね。つめこむ技量がなかった・・・。

シャイニング愛しき貴方 - カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。) - 歌詞 : 歌ネット

 

 

濱田崇裕×赤いフリージアメロン記念日

あなたの愛は おみやげの花束
AH私がスネてる日には タイミングよく買ってくる

付き合い始めた頃から、いつもデートしようって言い出すのは私。でもそんな濱田君が1年記念日間近にデートしよって誘ってくれた!彼の家から3駅の所に新しいレストランができたから、そこでご飯食べようって。

だけど・・・よりによって遅刻して来る・・・らしい・・・。しかも寝坊したって・・・・・・。


暖かいとこ入って待ってて!とか言われてもなんかもう動く気にならないし、こんなことで怒るのもおかしい?楽しみにしてたのは私だけ・・・?と思う彼女、仕方ない。

濱田くんにイラついてるのか自分にイラついてるのか、もう大人なのに何やってるんだろ・・・とぼんやり改札口を見つめていたらまた人の波。


その中でぱっと目に入ったのは赤い花束を持って小走りで駆けてくる背の高い人。あんなに慌てて…と思ったら改札に引っかかっちゃった。え!?マジか!!って声がここまで聞こえてさすがに口元が緩む彼女。

チャージして改札を通る彼は「なぁ〜もうほんま〜あかんわ今日~〜」って困りきった顔。その時点でちょっと許しちゃう・・・なんかかわいいし・・・。

それに加えて、ごめん!!ごめん!と言い訳もせずに平謝りするからもういいよ、って優しい口調で返しましょう。

 

ごめんな、近くやから予約時間には間に合うと思うわってどうやら左手に抱えた花束の存在を忘れてるみたい。はまちゃん、それ・・・って聞くと、あ!これ!そうこれ!!と一度両手に持ちなおして渡してくれるから・・・。

「もうすぐ1年やし、プレゼント。花の種類めっちゃ多くてな!迷ったわ〜。」ってはにかむ濱田くんの愛しきことよ・・・。

花束はもちろん嬉しいけど、彼がそんな気持ちを持っててくれたこと、これを抱えて来てくれたこと、この花ぜんぶを自分のために選んでくれたことが泣ける・・・。

でもこれ、食事中どうしよう?ってなるじゃん。濱田くんに聞くじゃん?確かに・・・・・・・って俺も考えてへんかった顔されます。
でも帰りに一緒に取りに行くのはカッコつかへんし、いや遅刻した時点でついてないけども!って1人でぐだぐだし始める濱田君。

なんかもうそれがいつもの彼で、やっぱりなんだかんだこういうところも好きだな・・・としみじみ思い直すわけよ。

 

「付き合い始めてすぐの頃・・・ケンカしたやろ?」と珍しく昔のことを話し出す濱田くん。濱田くんって写真や動画に記録残しまくるけど直接思い起こして話すことってそんなになさそうな気がしない?

「会って話そうってなって、ダメ元やってんけど、花束渡したん・・・覚えてる?」覚えてますとも。そこから何かあると大小様々な花束をくれたから。半年過ぎたくらいから・・・無くなったけど・・・。

「あの時のびっくりと喜んだのとが混ざった顔、また見たくて・・・。あの日にあげたやつ思い出しながら選んだわ。」
やっぱり似合ってんなぁって満面の笑みを向けてくれるから、いつもなら重いかな?って敬遠する言葉もつい口が滑る彼女。

「来年も花束くれる?」って冗談っぽく言ったら、当たり前やんってほんとに当たり前な顔して答えてくれるから、もう泣く!!!!!来年は遅刻しぃひんって約束してくれるから信じましょう彼との未来、2人の運命。

赤いフリージア - メロン記念日 - 歌詞 : 歌ネット

 

 

小瀧望×恋泥棒(カントリー・ガールズ

重なる視線 掴むこころ 偶然なんて 嘘ねそれは
全部必然 きっと手口 ・・・ヤバイかも

この学校で1番モテるのは誰?そう聞くと100%返ってくる小瀧望の三文字。

背が高くてスタイルが抜群に良くて、顔もめちゃくちゃかっこいい上にサッカー部のエース!明るくて優しくてちょっと軽い、けどそこがまた素敵♡まるで少女漫画に出てくる王子様!


・・・と最近よく目が合う気がする、彼女。この前図書館で勉強してたら斜め前に座ってきたし、今朝なんて下駄箱で会って、おはよ♡な〜んて言われちゃった・・・。あまりの衝撃で固まってたら笑われたし・・・。

なんか言い返せばよかったじゃん、と親友の濱子は呆れっぱなし。お弁当を食べながら濱子による恋愛指南。そんなこと言われても急だったし・・・まさかあの王子様に笑われるなんで・・・。

 

最近考えるのは小瀧君のことばっかり。今朝のことが頭に浮かぶだけで顔が熱くなるから廊下側の席だけど窓を開ける。「てゆーかそれ気のせいじゃない?よく目が合うなんて〜。偶然よ、だってあの小瀧望だし?」なんて濱子は容赦ない。

やっぱりそうかな…と思ってたら「そうそう、偶然やって。」とどこからともなく香る甘い香水に、負けないくらい甘い声。

開けた窓から顔を覗かせるのは噂のあの人小瀧望

絶対絶対許さない! 頭の中まで侵入され

すべての基準があいつになってしまう!

にっこり笑った目尻のカーブが小悪魔・・・。というか今の話聞かれてた・・・!?というこっちの脳内会議を無視するようにいきなり名前を呼ばれちゃったし「今日の放課後、暇?」なんて・・・!!

「暇じゃない・・・。」「暇じゃん。」「濱子、うるさい!!」そんなやり取りをくすくす眺める小瀧君・・・あぁもう恥ずかしい・・・。

「一緒帰りたいなって、思ってるんやけど。」もうその顔が勝ち誇っている・・・断られるわけないって顔に書いてある。なんだか癪に障る・・・。ここでほいほいOKしたらこっちがもう好きってバレバレじゃん?

「今日勉強して帰るから・・・。」とか嘘をついてみる彼女。ふーんと口をすぼめて、ならハマコちゃん?一緒帰る?って軽薄過ぎる笑顔を濱子に向けるんだよ!!!!!!なにそれ!結局誰でもいいの!?信じらんなくない!???

「あんた、すごい顔(笑)」って濱子に言われるまで時は止まってて、「アタシは彼氏いるからパス、あんましこの子からかうのやめてあげてよ(笑)」って初対面なのによくそんな話せるな・・・。

「ごめんて(笑)怒った?部活休みなの今日だけやねん!勉強付き合うからさ、おれ英語得意やで!」って両手を合わせて首をこてんっと傾げるから、もう断れないよね。

え?貴重な休みを割いてくれるんだよ??それなら・・・頷けばよっしゃあ!って、なんかかわいい・・・それとさっきから思ってたけどめちゃくちゃ声が大きい!!


じゃあ終礼終わり次第ここ来るからぁって窓に手を掛けたのに、なにを思いついたのかこっちに軽く身を乗り出してきた!?は!?近い…近い!!!と本日2度目の硬直。

「2人でいたら勉強どころじゃないかもな♡」って耳元で囁いてくるから、あぁ・・・今日も君のことで頭がいっぱいだ・・・。

恋泥棒 - カントリー・ガールズ - 歌詞 : 歌ネット

 

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~楽しかった!!!!この時点で前回より2000字くらい多いんですけど、ほんとに私が楽しい!!!

今回使わせてもらった曲、マジのマジで全曲最高の極みなので、気になった人は聞いてみてください。

メンバーに抱いているイメージがどんどん露呈してて、もしや私は全世界に性癖公開しているのでは?と思い始めたけど今更だもんな。

ちなみに失恋悲恋系も実はストックがあるので、そのうち書くかもしれないです(書かないかもしれないです)

あ~~~ジャニーズWESTさん懸命ブルース歌ってくれないかな~~~~~。

愛の肖像


一筋の光が舞い降りてくる。
それはあまりに少女漫画的で、一瞬一瞬をコマ割りしたような場面だった。
あの光はここへ降ってくる、そう確信して私は両手を伸ばす。その時の自分はきっと、神様に祈りを捧げるような姿だった。
しゅるしゅると音を立てて手の中に収まった銀色の光、ピンク色の光、私の月光よ。

あれが永遠、あれがすべてだ。頭の中ではずっと同じ曲が鳴り響いていた。


私はあなたのために生きたかった。
だけど私はあまりに不釣り合いだ。
当然だけど私じゃあなたを守れない。そばにいるのはもってのほか、あと生きてるうちに何回会えるか分からない。
お金もたくさんは使えない。
お金は使いたくて使っているから義務を感じて苦しんでいるのではなく、単に額が多いに越したことはない。

私はあなたから受け取ってばかりで、与えられるものなど何もないのだ。
苦しかった。同い年だから余計苦しかった。それなのに好きなるばかりで。

私にとって同い年は呪いだった。
彼と私は同じ年月を過ごしてきたのに、彼の人生には私が計り知れない努力と失敗と感情の動きと成功がある。
そもそも身を置いている世界が違うから当たり前ではあるのだ。
だけどこれからも差がつき続けるんだと思うと、息が切れて倒れ込んでしまいそうだった。

あなたをみることをやめるか、この気持ちを捨てるしか道が無いと思っていた。
穏やかなファンに戻れるならそれに越したことはないけれどきっと無理だと感じていた。


ドームは、あなたの望んだ景色のひとつだ。
心底嬉しかった。あなたが嬉しいと私も嬉しい。
元々はそんな気持ちをもっと共有していきたいだけだったのだ。
空気は冷たく、だんだんと月明かりがまっすぐ届く季節に変わっていくにつれ、気持ちがゆるやかになるのを感じた。
絡まったコードは知らぬ間にゆっくりと解かれていき、永久凍土かと思われた私の氷もやわやわと月に照らされていたのだ。

初めてのコンサートを経ることで彼らに対する思いがより強まり、何かしらの変化を遂げるだろうことは分かっていた。
最近はそれが怖くなかった。良い方向に違いないとどこかで安心できていた。

そして実際本当に、本当に素晴らしいコンサートだった。
過去があり、今があり、未来も見えていた。
私はずっと好きだ好きだと心で叫べて声にも出せて、好意を向けることがあんなにも優しく許されている空間を知らなかった。

心で繋がっている、というかあの空間にいた人々だけでなく、彼らに気持ちを持っている人すべての愛を抱き抱えようとしてくれたのだ。


そして私の呪いも解けた。
コンサートを通してすごく自然に、彼とともに生きていきたいなぁという気持ちが胸にこみ上げてきた。
小瀧望君のこと、何よりジャニーズWESTまるごと、びっくりするくらい好きだ。

彼は悪いことも良いことも見失わない人だった。そこに年代は関係無く、昔のことも今のことも整頓した上で保管していた。
あんまり開けていない箱を引っ張り出したりもしたから、感情が波になって漂っている場面もあった。

それでいいんだ。なんでも、なんでもいいんだよ。私、あなたの見せてくれている部分を根元から葉の先まで、きっと愛しているのだ。
呪いが解けたあとに残ったこの感情は、たぶん愛なのだろう。
自分の中のひとつの思いに、こんなに美しい終わりが訪れるとは思わなかった。

愛したところで、どうなりたい訳ではない。この先目が合うかも分からない青年と本当に恋に落ちたいのではない。

だから、同じ時間を生きたい。いつもは違う場所でも、違う目標を持っていても。
氷を抱えて生きるのは大変だけど、月の光に照らされて歩くのは何もつらくない。

だけどあなたがファンの皆さん、と語りかけた時は自分もその中のひとりだと思って聞きたい。一緒にたくさんの幸せを経験したい。

悲しいことがあったなら、それを表に出したなら、私だって悲しむだろう。
変わっていくことなんて当たり前だ。私だって変わっていくのだから。そこにマイナスの感情はうまれないと誓おう。


銀テが会場に放たれてから私の手に1本収まるまで、頭の中でベートーヴェンの「月光」が流れていた。

なんというか、最初から決まっていたのだ。不滅の恋人に贈られたこの曲はあなたを好きになった春からずっと、この気持ちのテーマソングだった。

あなたも私の不滅の恋……人と言うと多方面から刺されそうだし、そこまで求めてはいない。
だけどそのくらい愛しい。


「私の天使、私のすべて、人生、私自身よ…」
そんな書き出しで綴られ送られなかった手紙のように、私もあなたへ届かないラブレターを書き続けよう。

それでいい。あなたから見て、あのペンライトの光のうちひとつでいられるなら十分だ。
それであれだけ笑顔になってくれる、あの幸せを一生忘れない。

月の光は静かに柔らかく夜を照らしてくれるから好きだ。
月が見えない夜はさみしかった。
けれど今は見えなくっても変わらず輝いていて、そういう日もあるんだと思える。

ここまで勝手に思い悩んだことすべてが肯定のうえに消え去って、25日の夜に涙が流れた。
あなたの大切な場所、大阪は私にとっても大切な場所になった。
私なんかを連れてきてくれてありがとう。大阪の月もきれいだった。
これからもいろんな場所に連れていってくれる彼らと、あなたと、たくさんの光を見よう。


「永遠にあなたの、永遠に私の、永遠に私たちの」夢みたいな現実を見続けよう。
いつか何かしらの終わりが来る必然はひとまず忘れ、優しいメロディに乗って踊ろう。
そして私はこの愛の記憶を永遠と定義する。
あなたは愛そのものだ。