走れ砂糖〜逆転Winnerを求めて〜

砂糖は激怒した。 必ず逆転Winnerを手に入れなければならぬと決意した。 砂糖は予約をしておらぬ。 砂糖は発売日にすら動かなかった弱いオタクである。いいわけするとバイトだった。 けれども逆転Winnerに対しては、人一倍・・・いや、それだったらちゃんと予約してる、手帳に書いていたくらい楽しみだった。近況は省くが…