FOR YOU

眠れない夜、部屋にそっと差し込む光が瞼を透かした。 その時にはいつも同じことを思う。私はゆっくりと寝返りをうつ。 あの人は月光に似ていた。 帰り道にさんさんと浴びるそれも、暗い部屋を照らすそれも、彼と同じ輝きをしているように思えた。 ファンからみた彼には太陽というイメージがくっついている(し、自分でも言…