その美しさを描けない

割り切れないshotにgoodきてる

SixTONES単独へ行って

超 最 高だったんですよ・・・。

 

これが円盤にならないのはどう考えてもおかしいんですよ。ほんとは全国ツアーで30公演くらいして特典がめっちゃ付いたBlu-rayにならないとだめなんです。

レポ雑誌は全部買うとして、もうあれが見れないと思うとつらさしかない。覚えていることがあるうちにせめて感想ブログを残したくて書きました。

 

でも本当に「かっこよかった」とか「すごかった」とかの感想しか書いてません。全曲しっかり演出とか書ければよかったけどうわ~~~~~~~やべ~~~~最高~~~!!!???って言ってたら終わったんで・・・。すべて主観なので色々勘弁してください、突然略称で書いたりもするけど許して。ここからしばらくぐだぐだ書くので単独の感想は!?って方はスクロールしてください!

 

少年倶楽部を見始めて約一年、SixTONESはいつ見ても強い曲やってるな~かっこいいな~と思ってたけど転機はJr祭り。ありがたいことにお誘い頂き美形の踊り食いだ~~~!!と思って軽い気持ちで行ったら屍になって帰って来た。行ってよかったです。Jrの皆さんを生で見るのはほとんど初めてだったからずっと刺激的だった。そして楽しすぎた、SixTONES単独コーナー(?)が・・・。

 

その日直前までスト担のお友達と会ってて「Amazing!!!!!!が絶対好きだと思います!!推しが誰になったか教えてください!!」ってAmazing!!!!!!という曲名を強めに刷り込まれてたけどもう胡坐で始まった時点で好きだった。後述するけど田中樹君に一発で惚れて終演後走ってフォトセ買いに行きました。

それからこれまで買ってたドル誌のストのページをすべて読み返したり文明の利器を用いて過去の諸々をとにかく勉強しました。知れば知るほど魅力的でやばいな・・・と思っていたらそのお友達からお誘いを受けまして・・・。

 

時は2017年8月1日、SixTONES単独初日に来ていた―――。

リアルIN THE STORMだった。これ行ってた方は思い出すだけで肌寒くなると思うんですけどほんとに雨風ひどくて寒かった・・・。おまけに私たち2人とも緊張で体調が悪くて半泣きだった・・・。EX暑くて並ぶのしんどいとか言ってたけど個人的には雨の方がしんどかった。いや暑い時も無理無理言ってるけど・・・。

 

会場入りしてからもスクリーンにSixTONESの字を見るや否や苦しんだり、唐突にえ!!!??今から単独!?いや・・え!?とそれまで10回以上してきたくだりを飽きもせずにして精神の安定を保っていました。(保ってなかったです)

オリ曲のインストがかかってて、Amazing!!!!!!のカラチェンの練習してました。倒れてもこれだけはやり遂げるという心意気だった。

 

 

オープニング

今日最高だったな~ってライブはオープニングで決まると思ってるんですけど、この日は開始数秒で確信しましたね。

モニターに文章が映る度に悲鳴のような歓声がわきあがって、客席の視線は正面に釘付け、悲鳴が悲鳴を呼んで爆発しそうだったんですよEX・・・。

新参も新参なので今からSixTONESのライブが始まる!!!!ってドキドキが止まらなかったけど、そもそもストの現場がすごく久しぶりだったんですよね。

周りのファンの待ちに待ってたって気持ちに感化されてもう泣きそうだった。

「鎖」って文字に異常に反応したお友達(京本君推し)のことは忘れません。ロキパってなんですか?って聞いても記憶がないらしい。

 

IN THE STORM

もうさ、勝ちでしょこんなん!!!!??EX爆発したからね!?

ひとりひとりがJrマンション(的ななにか)に入ってて!ガンガンにスモークが焚かれてて!なんかエロい椅子に座ってて!挙句の果てに鎖巻いてるんですよ!!己の!!身体に!!鎖!!!!我々が鎖に反応したのは何も間違ってなかった・・・。

感動したのは出てきた瞬間、曲が始まった瞬間、そしてメンバーそれぞれのいちばん初めのソロパートでの歓声全部が凄まじい声量だったことです。きゃ~きゃ~言いたいオタクなので、あ!この現場は声出していいんだ!って安心した。人が盛り上がってると自分も出しやすい。

ちなみにセットがせり出してきた時とメンバーがステージに降りた時もEX爆発レベルの歓声が起こって最高でした。

メンバーからも殺気かな????って気迫をヒリヒリ感じて、このグループ好きだ・・・と思った。

IN THE STORMまず曲自体好きなんですけど、1曲目にぴったりだった。迫力があるし、オープニングの不穏な感じに合ってた。歌詞もオープニングのストーリーとリンクしていた(よね?)。今考えるとIN THE STORM一曲で今回のストーリーを表してる気がします。

 

BE CRAZY

直前まで各々盛り上がっていた客席が京本君の「鼓動高鳴る~」パートで一斉に手拍子し始めた時とサビのオイ!オイ!って煽りを全力でやった時、スト担・・・強・・・と思った。

でもこれ絶対やれみたいな暗黙の了解というわけではなく、やらなくてももちろんいいし、みんな好きなように楽しんでいい環境が出来上がってたんですよね。分からなきゃだめみたいな雰囲気でもなかったし。そして知らなくてもメンバーがかなり先導してくれるから新規でも置いてけぼりは感じなかったです。

この曲メンステで踊ってくれたんですけど、メドレーでサビだけは見たことあるという感じだったので嬉しかった・・・。

それとこの曲でもう使われていたかは覚えてないんですけど、全体を通してモニターをたっくさん使ってくれたのが印象的でした。特にメンステでやる曲にはだいたいついてたような・・・?

やっぱり見えないっていうのは致命的なので、会場全体が盛り上がってるって感じられたのは後ろまでパフォーマンスが行き届いてたってことなのかなと・・・。

 

BRAVE SOUL

少年倶楽部という神番組のおかげで音源が手に入って嬉しいです。一週間遅いわという文句も言えないくらい良すぎたよね・・・。単独の時は当たり前に初見だったけど100回見てきましたくらい楽しかった。

この曲でバルコニーに行ったけど、お手振りじゃない曲で全員後ろに来てくれるのって最高では・・・?完全に後ろに行くと二階の人は見れなくなるけどモニター完備だったし、むしろ6人がまとまった場所にいるとモニターで収められるからなるほど・・・と・・・。

そして3:3に分かれて横の通路でも踊るし上手下手どっちにも来てくれたので細かい配慮が本当に完璧だった。

「オマエには負けないオレが取るテッペン」特攻服の背中に彫りたい。

 

PARADOX3D girl→ドロスト→hairFOLLOWTHE D-MOTION

最 高でしたね。もうPARADOXのちゃ~~ら~ら~ら~ら~~~~~!!!!ってイントロの時点で最高が確約されてた。

少クラでやってきた曲メドレー(?)めっちゃ嬉しかった。過去の少クラ映像は文明の利器のおかげで見ていたけど、これで私もおおっぴらにPARADOX最高って言えますからね。京ジェ歌の二枚看板は神。

3D girlが始まった時にこれは少クラメドレーだと気づいて盛り上がってたので全然思い出せないけど北ジェのあの部分は健在だったのですか?当方切実です。

ドロストで樹君が上に乗った時の客席の沸き方すごかった。せいぜい頑張れナンバー2って私たちも言っていいやつなんですか?治安悪くない?最高だな~。

HairFOLLOWのリミックスは北斗君のセリフから記憶がないです。二曲ともめっちゃ好きなので神番組こと少年倶楽部でお願いしたい・・・。

Dモはステージの使い方が神でしたね。階段の段差を使うって考えた人天才だよ。Dモの最初の特徴的な陣形を保ったうえで後ろの人にも見える位置でやるため、階段をステージにしちまったんだよ・・・。

 

Why1 for you

どっちも初めてきいたので、京ジェは歌が・・・うまい・・・と感動してるうちに終わった。少年倶楽部さん頼みます。

1 for youは曲が流れた時一部から断末魔からきこえたのでなにか「ある」曲なんだなと思っていたけど昔やっていた曲らしく。良曲を封印しないのはいいことだと思うし全員ゴリゴリに踊っててかっこよかったです。

 

この星のHIKARI

泣きましたね。ストのことをあんまり知らない時からこの曲は本当に大好きで、今となってはイントロで泣ける。このグループすごい!!と思った決定的なポイントはたまアリの祭でこの星を観客含む全員で歌った時なのでまた歌えて嬉しかった。

この曲の何が好きかってイントロがかかった瞬間に多幸感があふれるところ。待ってました!!って心から喜べる。

100万回言われてると思うんですが、オラオラ系パフォーマンスのグループが歌う明るくてどこか切ないラブソングほど最高なものはない。

いや、この星ほんと、ほんとに好きで・・・歌詞を腕とかに彫りたいくらい好きで・・・。

ファンが歌うところで、メンバーがステージの中心に集まって笑顔で聞いてくれてるのがまたいい。早くデビューコンで歌って泣きたい。どう考えてもこの星にあふれてる光集めて推しを照らしたいフォーエバー。

それとAメロでアレンジして歌う京ジェがめっちゃ好きなのでやっぱり早くデビューして色んな番組で歌ってほしい。

 

エンドレス・サマー

これは少クラで披露済みだったし絶対やってくれると思ってた。歌割りが新鮮で、なのにどれもしっくりきた。声の相性もなんだけど、歌詞がそれぞれの年代にぴったりだった。

私の中ではこの夏の彼らのテーマソングでした。みんなもう子どもではいられなくて、大人になってしまうまで残り少ない夏を、きらきら発光しながらステージの上で生きてくれることがどれだけ特別か忘れないよ。

 

ジェットコースター・ロマンスSexy Summerに雪が降る→BANG!BANG!バカンス!→Ho!サマー

夏メドレーの無い夏コンなんて・・・なので喜びまくりの踊りまくり。セクサマの選曲は控えめに言っても神でしたね。

正直いうと途中樹君が1人だけはけてソ、ソロ曲だ・・・・・・・・・・・!!!!!と思ってから気が気じゃなかったのであんまり記憶が無いです。初日はこういう時にわたわたしてしまう。

 

黒―ンズの歌

神曲だったね・・・。樹君が階段をプリンセスよろしく降りてきた時普通に理性を失った。

かわいいって言ってたら終わったので早く映像見たいけどこれはさすがに神番組こと少年倶楽部様でも難しい・・・かな・・・。

舞台弱虫ペダルを通って来た人間があの場にどれだけいたか知らないけどスタートを切る!!!!じゃん!!!!と思いました。

自分たちのことを個性的で爆モテなやつらって言っちゃうのさいこ~~~~です。

 

Jumpin’Up

じゅり!じゅり!!じゅりじゅりじゅりじゅり!!!!!!!!!!!!!!!!できたので悔いはないです。EXもう一回割っとく?レベルの声量で最高だった。

ステージの端っこでわちゃわちゃするのがかわい~~んですけど私の方が腰振る側だったのでかわい~とか言えなくなってしまった。

 

Pray

ジェシー君は本当に歌がうまいんですよ。いやなんかもうすごいんですよ、言葉にできない。アカペラで、ぐんぐん伸びる声で、いや、ほんとうに聞けて良かったです。

テレビで見ている時も当然抜群にうまいけど、生で聞くとやっぱり全然違います。私がジェシー君のために祈りたいです。

会場全体が赤いペンライトに染まってたのもよかった。

 

I got the FLOW

あの!!!!!!!これちょっと話していいですか!!!!!!!!!!??

ジェシー君と樹君でI got the FLOWしてほしいって言ってたんですよいやこれはマジで。

ジャニーズWESTさんの曲って意外にJrの皆さんに歌われてないのでは?と気づき良曲いっぱいあるから歌ってほしい・・・I got the FLOWとか樹君ぴったりじゃん?でもあれ2人でやる曲だから、そうジェシー君とやったらめちゃかっこいいのでは・・・?とかねてから言ってたんですよ・・・。

最近はもはや、まぁI got the FLOWはやるんですけどね~とか言ってたけど、ほんとにやってくれるとはおもわなかった・・・。アイガッタフロー(打つの面倒になった)・・・なんなら今回のWESTツアーのチケ代の4割はアイガッタフローに払ってる気でいたし・・・。

だから曲始まって0.5秒でもう叫んでましたね。樹君が流星君パートと判明した時も後に控えるオゥベリグゥ・・・を想像して叫びましたからね。

お友達と、もしもの時は支え合いましょうって言ってて私はこの時支えてもらいました。

よりによって樹君側だったけど、樹君腹チラ・・・チラというレベルを超えてませんか??これからも続けてほしいです。

オープニングからこの公演売れと思ってたけどこの曲ばっかりは映像化してほしいです。なんならフルサイズにして2番のジェシー君のオゥベリグゥも欲しい。絶対かっこいいから。

神番組少年倶楽部さんにはこれに続くユニ曲3曲をなんとか映像にしてほしい。最近ストにハマった私の先輩が見た過ぎてこのままじゃ死ぬって言ってるからお願いします。

 

今夜あなたを口説きます→SUNRISE→愛のマタドール

バルコニーに北斗君と高地君が出てきた時どっち見ればいいんだよ状態になって結局モニター見てました。この曲セクシーな歌詞をネタっぽく歌うってコンセプトかと思ってたんですけど(違ったらごめん)北斗君普通にえっちだった・・・。高地君はにこにこ歌っててでも歌詞はアレなのでギャップに興奮しましたね。

SUNRISEは、隣のお友達の手を握ることしかできなかったですね。他担があれこれ言葉を尽くしても表せないその人の力は絶対にあって、SUNRISEに関してはもうそれです。

歌う前に少し話してくれたけど、言葉を選んで選んでこちらに伝えてくれているんだなとわかりました。京本君は美しくて強くてだけど人間なんですよね・・・。

愛のマタドールは慎太郎君が出てきた時めちゃくちゃかっこよくてひゅ~~~~~!!!!って言った。京本君が傘持って出てきた時も美しかった。階段のセットに乗った二人がだんだん近づいていく演出がよかったです。

キングハイビ―の二人の花でも似たような感じで階段を使ってたんだけど、2人曲であの演出は燃える。

 

DON’T YOU EVER STOPPeakRockin’

演出がいよいよ天才だった。自分を追う影をそれぞれのソロパートで倒していく設定で、スクリーンに映し出された影と踊るように戦うんですよ。倒さなきゃいけないのは自分なんだよ、こんな業があるか!?

ドンエバの選曲がヤバすぎたのは、そもそも歌詞がこの状況とか場面に合ってたのもあるし、随所に散りばめられたガラスが割れる音とかもすべて利用してたとこです。フルだったのも燃えた。その中でも会場がいちばんヒートアップしたのは間違いなく樹君のラップだったと思います。

最後の怒涛のKAT-TUNラッシュも少クラでやっていたものがあったので予習しといてよかった。ドカドカ盛り上がれて楽しかった。公演中はとにかく楽しい!って感情しかなかったけど曲をじっくり聞きなおしたらやっぱり歌詞が最高。KAT-TUN先輩は最高。

 

NEIRO

このあとのひとりひとりの挨拶も含めて泣きました。

今回全員で歌ったバラードってこの曲だけで、そのせいかよけいに身に染みた。

全体を通して影に追われていた彼らはそれをドンエバで打ち破った。影って色々なものを想像できると思うんです。私はどうしても今彼らを、というよりJr全体を取り巻く閉塞感と捉えてしまって、だからボコボコにしてくれてよかった。

この勢いのまま駆け抜けて終わるかな、と思ったけど最後は立ち止まってファンの方を向いて歌ってくれたんですよ。

サビの「この光 君の優しさを こんなにも感じてる」って部分、やっぱり歌詞が物語にリンクしてる。「君」はメンバー同士であってほしいし、そして彼らを照らすペンライトのひとつひとつでもあってほしい。

この星のHIKARIでもそういう歌詞が出てくるし、今回の単独だけじゃなくてSixTONESにとって光はすごく大切なものに感じます。

 

Amazing!!!!!!

オリジナル曲になぞらえた言葉がつづられる、物語は終わりに向かう。私たちは気づき始めたんですよね。あめーじんぐだ、やばい、もうやばいって客席のささやきは渦を巻いて熱がこもって、スクリーンに映ったAmazing!!!!!!の文字にまた聞いたことないくらいの歓声があがって。

ここでAmazing!!!!!!なのは安直なのではなく、肝心なところで外さないっていう彼らのコンサートの作りのうまさだと思いました。

この曲がキラーチューンなのは明らかで、いつやっても盛り上がるしそれこそ安直な私は一曲目かなとか思ってたんですが、この曲の力をメンバーも信じてるんだと感じる構成でした。

なにがびっくりしたかってオープニングで着ていたAmazing!!!!!!の衣装をもう一度着て登場したこと。この曲にかける思いやこの一回にかける気合がビリビリ伝わってきて熱かった。

最後に6色の羽根がでてきたのもすごかった。どんどんパワーアップしていく羽根・・・。余談、その場ではひとつも掴めなかったけどバッグの中に黄色い羽根が入り込んでて高地君しんどいが加速した。

 

SHOW&SHOW

超!楽しかった!!12345SixTONES!!のコールはメンバーが先導してくれるタイプのアンコールで、これ色んなグループに取り入れてほしいと思った。そっちの方がそろうし声出しやすいので・・・。アンコールは特別なことなので望みすぎなのは分かっているけど・・・。

コールの声はものすごく大きくて、もう声を出さずにいられなかったんですよね。

それに応えて出てきてくれたのはバルコニーで!!!!あのサプライズ感はまさしくアンコールだった。振り返るとメンバーの動きに合わせてたくさんの6色のペンライトが揺れていて、すっごくきれいだった。

アンコールでSHOW&SHOWをしてくれた最高さ、この上ない!!Let’s start the SHOW!!って、いつだって今が最高で、今からが始まりなんだよSixTONESは!!

この瞬間が永遠だ!って笑顔で教えてくれる、世界を変えるのはオレたちって断言してくれる、こんなのついていきたくなるでしょ。

 

アンコールまでの流れを体感するとあまりに美しすぎて、あ、これで終わりなんだなってわかる。ダブルアンコールの声も引っ張り出したいって思いより、君たちのコンサートはすごすぎた!!ほんとに!!って気持ちを叫ぶ言葉がアンコールしかなかった。

ほんとになにもないのよ~って言いながら出てきてくれて感謝の会(ジェシー君命名)を開くのは和んだ。ほんとにしゃべるの好きなんだな、武器が多いな。

ダブルアンコールのあとは会場が拍手で包まれて、素直にすごいファンだと思ったし、退場の間どこかしこから天才!とか楽しすぎた・・・とかの声が止まなかったんですよ。またSixTONESのライブに来たいって思った。

 

 

メンバーについても「かっこよかった」しかない感想を書いてたので一緒に載せます。順番めちゃくちゃじゃんってコピペしたあとに気づいた、許してください。

 

ジェシー

ジェシー君ってめttttttttttっちゃかわいくないですか!!?????すごいびっくりしたんですけど、おしゃべりするとすごいかわいかった・・・。

少クラとかを見ているとやっぱりJrの中心というか、ガンガンしゃべって前に出てパフォーマンスもできる人ってイメージだったので、かわいいよりかっこいいが先行してたけど今回で目覚めましたね。ジェちゃんはかわいいよ。

メンバーだけだとこんな顔も見せてくれるんだとおもった。MCの時は自由にしゃべって笑ってほわほわしていてあと想像してた100倍高地君への好意をビシビシ感じた。

年相応!21歳!グループの末っ子組!なジェシー君を知れてよかったですもっと好きになってしまった。

ジェシー君はもともと密かに推してて、ジェシー君の寝巻き男子目当てに雑誌を買うなどしてたんですが、あの華やかさは努力も相まって放ってるものだ・・・とも知ってたので(神企画こと寝巻き男子等参照)ジェシー君が笑顔で歌って踊れる世界がずっと続いてほしい。

あとメンカラ赤ってのが強すぎて最高。

 

北斗君

単独のIN THE STORM最初の北斗君ソロパート「君は見える」で会場が大爆発した時北斗君ってやっぱりやべぇ!って思った。

北斗君って魔性の魅力があるというか一発で女を落とす力がつよい・・・気がする・・・。あと、アンタ絶対北斗君好きだよ!!ってオタクが一定層いる、私の周りにもいるしそういうオタクは絶対北斗君の虜になる。

それとアクロバットがめちゃくちゃかっこよかった!!!!アクロバットのこと無知に等しいけど動きがなめらかでただただきれいだった・・・。

パフォーマンスはセクシーでかっこいいしMCの言葉のチョイスは絶妙だしこれは好きになるよ~~と思ってたけど、さらに!笑うと!!かわいい!!!この三段構え・・・。

これは本当に個人的なあれすぎるんですがストを履修しまくっていた時「北ジェ」という概念に出会いドンピシャに胸に刺さったものの時は2017年で・・・。ほんっとに好きで・・・なのでまたふたりで曲をやってくれたら・・・とっても嬉しい・・・デビューしてユニ曲とかで・・・。

またメンカラかよって感じだけど紫じゃなくて黒なのがまた・・・いい・・・。

 

高地君

かっこよかった・・・。愛がほしけりゃ任せろLOVE(正しい表記わからない)をはやく映像化して安定供給を実現、たくさんの女をおとしてほしい・・・。

お友達も私も高地君のパートのたび「かっこいい・・・」って完全に恋してたのでやばい。やばいんですよ!!!!高地君はやばい!!好きかも・・・が好きだわ・・・に変わるまでが秒。

それとジェシー君がこんなに高地君のこと好き・・・好きっていうか尊敬・・・?っていうか好き・・・?なの、いや雑誌とか少クラで知ってたつもりだけど超えてました。

でも高地君のこと好きになるよ・・・わかる・・・とも同じくらい思った・・・。

やっぱり高地君がぱ~っと笑ってる姿が見えるとほっとする。

そして笑顔を封印するとギャップでさくっと落ちる・・・さくっと・・・。

ジェシー君と47都道府県行こうとしてるけどまだ3つしか済ませてないって話になったとき、これからもずっとSixTONESは続いていくからその中でねみたいなことを(ほんとにニュアンス)言ってくれたり、最年長の方がこれから先をこの6人で見据えているのがぐっときた。

 

慎太郎君

顔がつやつやしててぴかぴかしててかっこよかった。目がきらきらしてた。

ジェシー君も含めてストの年下2人はビジュアルも大人っぽいししっかりしてて年下組に全然見えないと思ってたけどやっぱりおしゃべりするとかわいい!!ば~~~~っておしゃべりできる環境があるのがとても良いし、たくさん話してもきちんとした内容になるのがすごい・・・。

ざいま~~す!!もズドンに次ぐ流行語になってるし、トーク中も思っていたけど小さなネタでも拾って膨らませるのがうますぎる。

ダンスとアクロバットは当然ちょ~~~かっこよかったけど、歌声も好きなのでたくさん聞けてうれしかった。IN THE STORMの「そう2人を引き離す」ってソロパートがマジ 好き なんですけど、生もマジ 最高 でした。

やっぱり何をするにしても実力があって、でも若さが弾けてるな~って感じる部分も多くあってなにも知らない私が言うのかという感じだけど慎太郎君がこのグループにいてよかったなとおもいました。

 

京本君

美しい。画像映像で見ても美しいけど生で見ると本当に異次元に美しいので、神様の顔が京本君でもなるほどね!とおもう。

京本君とジェシー君は滝沢歌舞伎2016で本物にお会いしたことがあったけどその時はJrのことを全く知らなくて、それでも京本君の真珠のような美しさと歌のすばらしさは記憶してた。

Jr祭りの時京本君だけ遠くにいても一発で分かるくらい発光してたし今回もそうだった。発光してるんだよ京本大我さんは!!今回は髪が伸びてたから中性的なビジュアルでこれまた美しくて、もう姿を見るたび感動した、お肌とかシリコンみたいにつるつるだし。

顔しか褒めないのかといわれるとそんなことなくてパフォーマンスも完璧じゃん!?と思うんですが、さらに性格がきりっと成人男性なのも超イイ・・・。ちょっと謎な言動があってもいいのよ、人間みを感じるというか、美しさとのギャップだよ(結局)。

またニュアンスなんですけど最後の挨拶で「ここからの風景がいつまでも穏やかでありますように、ぼくが、ぼくたちがみなさんのことを守り続けます。」という感じのことを言われてて、こんな言葉を選び取れる人いますか!?品があって力強くてもう京本君にしかできない挨拶だとおもいました。

 

樹君

樹君、はちゃめちゃに美形。Jr祭りでモニターに顔が映った瞬間あまりの美しさに度肝を抜かれた。

小さい顔はきれいで濡れたような赤髪が目元をちらちら隠してて、中学生男子みたいなドキドキが止まらなくてマジかよとおもいました。ギラギラしてるな~と思ってたはずなのに・・・。そこから繰り出されたあのラップ!!樹君のフォトセ買わなきゃ一生後悔するって直感したからな。

今回へ~!と思ったのはMCの進行が樹君だったこと!雑誌のインタビューとかを見ていても頭の回転が速いなと思ってたけどMC回す人だとは思ってなかった。でもしっかりしててみんなへ目を配っていて仕事をする人だった、かっこよかった。

ちょいちょい客席(あれを席を呼ぶかはさておき)を見てどう?ってはにかんでたのが好きすぎて・・・だった。モテてた。

私今回の単独へ行って、樹君に絶対幸せになってほしいと思った。生きてる間ずっと幸せでいてほしい。あと、できれば、ずっとSixTONESとして。

Jr祭りで好きになったからまだ数か月しか経ってないのにそのわずかな時間で世界が動いてしまって、どうなってしまうのかわからないけど樹君の声はそう簡単に聞けなくて。

だけど挨拶で来てくれてありがとうと笑ってくれたのも、初日以降で少しずつ触れて自分の気持ちを言ってくれたのも、もしかしたら今のタイミングだからこそ言葉にしてくれたことなのかもしれない。

 

好きな人には幸せになってほしい。Jr祭りで樹君におっこちて単独に行くことができて、SixTONESをグループごと好きになった。というかたまアリでこの星を歌った時から、あの輝きをもっと追いかけたくてたまらなかった。

Jrのグループをまるごと好きになるのは正直怖かった。なにが起こるか分からなくて、自分のメンタルがもつのかもわからない。

でもこの夏焦がれるほど好きになった事実は間違いない。彼らを見ていると不思議な気分になる。どこまでも高くいけるよ。

デビューの三文字は重い。こんなの私より長く応援してきているファン、つまりほとんどの方、そしてメンバー自身が胸に抱え続けてきているであろうことなので、甘いんだよおまえはと言われればその通り。

でもあのグループの力を見て見ぬふりすることなんてもはやできない!!絶対デビューしてほしい。爆音とともに世界を変えてほしい。

そのために自分がなにをできるのかわからないことだらけで、とにかく好きだって叫ぶことしかできない。このブログもそういう気持ちで書いた。

今しかないかもしれない。誰にもわからない。今を忘れないようにひとつひとつを刻みながら未来をつかみ取るため走りたい。あの日からずっと胸の奥が熱い。