読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その美しさを描けない

割り切れないshotにgoodきてる

普通、アイドル20年やってらんないでしょ!?

V6

 

 
Berryz工房をご存知ですか。
2015年3月3日に無期限活動停止した、ハロープロジェクトのアイドルグループである。
幼少期からアイドル活動を始め青春全てをアイドルに捧げ生きた彼女達は今、それぞれの道を歩んでいる。
そんなBerryz工房は2014年に「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」というシングルを発売した。アイドルなんて特殊な職業を10年もやって、そしてアイドルとして生きてきたことを誇りに思う…そう歌う彼女達がどれだけ輝いていたことか。特にラストコンサートでのパフォーマンスは涙で前が見えないほどの感動を与えてくれた。
 
V6は今年、デビュー20周年を迎えた。
最初に書いておくが、2つのグループを比較して20年がすごいと言いたいのではない。Berryz工房の活動停止の決断も、V6のアイドル活動を続けていくという決断も結果が異なるだけで強い意思の下にあると私は思う。 
Berryz工房のシングルをもじったこのタイトルも、気になった方は原曲の歌詞を見て欲しい。決してマイナスイメージを持っているものではない。まずその事を伝えておきたい。
 
 
私にとってアイドルは終わりのあるものだった。いつか彼女達はこの活動を辞める、それもそう遠くはない未来にその日は来ると常に心に刻んでいた。
だから終わりの悲しみも割り切って応援できるのだ。その青春を燃やし発光する彼女達の儚さすら愛おしむことがむしろ一種の醍醐味ではないか、とも思う。*1
 
20年アイドルを続ける。文字として打てば3秒だ。しかしそれは果てしなく長い長い時間だと思う。私は20年生きてすらいない。V6は私が産まれる前からアイドルなのだ。なんだか不思議な感覚だった。
 
 
そんなV6の、20周年を迎えた彼らの終わりとは?
ふっと不安になる時があった。
彼らは私よりずっと大人で、積み上げた歴史の上に堂々と立っている。彼らはどこまで、どこまで行くのだろう。いつまで歌ってくれて、踊ってくれて、コンサートをしてくれるんだろう。
 
いくら彼らが鍛えたり身体とうまく付き合ったりして未だにガシガシ歌って踊れる体力があっても、怪我や病気の危険は常に付きまとう。特に怪我。この前*2のバク転は単純にびっくりしたが、その後普通の床でバク転をすることの危険性を知った。
そういえば岡田さんがバク転で骨折した時の長野さん、というモノマネをしていた事を思い出す。昔から怪我しまくっていたとも言っていた。
 
先にバク転が危険なことを知っていたらあの日の私の悲鳴は違う意味になっていたと思う。
もし大怪我をしたら?踊れなくなることはおろか、それ以上の事態になったら?
私が心配した所でなんともならないとは重々承知だ。彼らがしっかり準備してOKを出したからバク転をしたのも分かる。
それでもしばらくドキドキしていた。
 
 
彼らを今後追っていくならば、私はずっとこのような思いをし続けるのか?
そう思うと苦しくなった。いっそ彼らを知らなければ苦しくなることも不安に駆られることもなかったんじゃないか。
でも知らないままがよかったかと言われるとそれは断じて違う。好きになってよかったと毎日思う。なんともわがままだ。
 
だけど、ファンというのは結局そういうものなのかもしれない。何かを好きになることは、それを失ういつかを待つ身になることだ。皆こんな思いを少なからず抱きながら、今日も好きで仕方が無い何かを追っているのだろう。
 
私はハロプロのコンサート現場において、物凄い勢いで泣く。この一瞬が永遠に続かないものと知っているから涙が出る。
V6のライブに将来参加する事があっても泣くと確信している。というかもう彼らがテレビに出る度に号泣している。でもどうして泣くのだろう、彼らは20周年を迎えてなお、その活動を続けていきたいと言っているのに。
 
その涙の理由を究極まで突き詰めるとV6みんなあと100年くらい生きて、だった。
こんなに年上の人を好きになったのは人生で初めてだ。アイドルである彼らを失うことよりもずっと重い悲しみがいつか・・と思うと頭が割れそうなのだ。
同世代とは言わない、せめて10歳差なら・・100年生きて、お願い・・と凄まじい鬱を聞いてくれた全くオタクでない友達に感謝しなきゃいけない。
私も成長したらもっと強い心になり捉え方が変わるかもしれない。今はそれに期待して、というよりも丸投げして考えるのを一時中断している。
だからそんな鬱が迫ってきたら、今を精一杯楽しまなきゃと考えるようになった。
 
コンサートに行きたい。私はコンサートを特別視している。
その時の彼らの瞳には何が映っているのか。それを知ることは叶わないから夢に燃えているであろう彼らの背中を見たい。
一生に何回もないだろう彼らと同じ空間にいる数時間をなんだかんだ待ち望んでいる。
 
 
20年活動を続けてきた中で、私には計り知れない程の数の問題があったはずだ。ただでさえすごい年齢差、加えて芸歴の差があり、ある時期からは個々の仕事が増えた。
岡田さんが自ら反抗期、と呼んでいる時期には俳優とアイドルについてたくさん考えていたんだろう。他のメンバーだってそれぞれ抱えるものがあって、それをぶつけ合ったり支え合ったりしてきた。
 
そうして20周年まで彼らはやってきてくれた。V6がメンバーとして出会ったことすら奇跡であるのに、ここまできたらメンバーの天国でMUSIC FOR THE PEOPLE踊ろう発言も実現するに違いない。
ファンは天国に行けるように今から徳を積む必要がある。私も。
 
 
何度も自分に言い聞かせる。生きている人を好きになることは覚悟が必要なのだ。アイドルとて例外ではなく1人の人間だ。
かと言ってうちわに覚悟決めてますなんて書くのは会場を追い出されかねないのでしない。頭の中だけで十分。
坂本さんが30年、40年……と未来に関してのことを、岡田さんはいい人を好きになりましたねとツアーオーラスの挨拶で言ってくれたらしい。私もそう思う。そう思うよ!だからパーンと明るく楽しく、常に後悔しないように、彼らに感謝してオタク活動をしていきたい。
 
ちょっぴり危険なうちわは作らないとして、本当は大声で叫び回りたい。街中を叫びながら走りたいし愛メロを捧げたい。
V6、20周年おめでとうございます!!ありがとう!!20周年ありがとう!!おめでとう!!
 
やっぱりこれも危険なので頭の中だけに留めるとして、年末までいっぱいある楽しみを全力で盛り上げたい。というか早くファンクラブに入りたい!!まだ給料は出ない。
そして来年からはどんどこお金を使いつつ応援していきます。
来年もメンバー全員健康でありますように。
改めてV6デビュー20周年、本当におめでとうございました。

*1:女性アイドルはハロプロ以外無知なので今の女性アイドル事情は変わっているのかもしれない

*2:ベストアーティスト