読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その美しさを描けない

割り切れないshotにgoodきてる

FOR YOU

 

眠れない夜、部屋にそっと差し込む光が瞼を透かした。

その時にはいつも同じことを思う。私はゆっくりと寝返りをうつ。

あの人は月光に似ていた。

 

帰り道にさんさんと浴びるそれも、暗い部屋を照らすそれも、彼と同じ輝きをしているように思えた。

 

ファンからみた彼には太陽というイメージがくっついている(し、自分でも言ったことがあるらしい)。

メンバーカラーもオレンジだし。

それを否定するつもりは全くないのでよろしくな。

 

 

初めて見たDVDで、健くんは光の海の中にいた。

悲しいほどにまっすぐな瞳は画面を飛び越え、その先の私すら簡単に射抜いていった。

 

ステージで踊る健くんの周りはひどく熱そうで、同じくらい冷たい。

彼は熱い照明を肌に馴染ませ自分の輝きとして放つ。研ぎ澄まされたその光がただただ眩しくて、好きでたまらなかった。

 

 

ガラス越しの健くんは優しい眼差しをしていた。

若い女の子のボーカルグループがちょうどゲストとしてスタジオにやって来ていた。

彼女たちと談笑する姿は柔らかくて優しかった。

手帳に入れたミュージックソンのステッカーを見る度、ほこほこした気持ちと共にはっきりとあの日の瞬間を思い出せる。

 

初めて目にした健くんは想像していたよりも穏やかでリラックスしていた。それとめちゃめちゃにかっこよかった。

 

 

春が来て、また銀座に足を運んだ。

 

左右違う靴を履いて、普段と何も違わない、すべてが見せ場というようなパフォーマンスだった。

 

観に行くまでの2週間くらい、100%応援の気持ちでいられなくなっていた。

何よりそんなことを思う自分が嫌で、これはもう担降りしかないと思った。

 

健くんがやると言ったらやるのに、心配って感情は過ぎると危険だと思う。

 

あの日は雨だった。

胸の奥までさぁっと降ってきて、公演後の満ち足りた気持ちだけ残して全部流し去った。

 

 

彼を自担という枠に入れてまだ日は浅い。

もうずっと三宅担をしている気がするが全然そんなことないし、ブログを読み返したらこんな事を書いていた。

 

最近恐らく自分は三宅担だな…と自覚し始めたので私は1人震えていた。

2015年のクリスマス - その美しさを描けない

 

 

彼らを知ったのは8月の終わりだったから、4ヶ月は自担がいないオタクだったのだ。

 

なんで三宅担になったんですか?と聞かれることがそこそこあるのにしっかり答えられない。

 決定打があったというよりもだんだん自覚していった感じなのだ。だから言うならば最初から三宅担だったのかもしれない。

 

最初から6人を好きになったけど、強いて言うなら!健くんかな!というノリだった。

V6を知って1ヶ月くらいは鬼のように彼らについて調べていたし、ジャニオタのブログも読みまくった。

 だから自担という言葉は知っていたし、自担を変える時やファンをやめる時は担降りブログを書くのが慣例であるほど重い制約なのだと認識した。

 

初期はTwitterのアイコンを健くんにしていたくせ彼を自担と宣言しなかったのは、この制約にビビっていたからだと思う。

 

いや、そんな…別にいつ誰を好きになってそのことを話そうと自分の勝手やん…そんな…という考えが根底にあり*11人しか自担認定できないならしっかり考えよう…としていた。

 

三宅健のラヂオが私も聞けると気づいて、初めて聞いた時の内容が新規と古参についての内容だった。

 

ガーンと頭を殴られた。

この界隈では新規と古参が明確にいて、しかもその関係が不穏な場合もあると察した。

 

バリバリのバリバリ新規である当時の私は身が引いた。

ちなみに三宅さんがマイナスなことを言っていたわけではもちろん無い。内容のすべてを覚えているわけじゃないがそれは確かだ。

 

今思うと、この日のラヂオはショックではあったけど彼のアイドル像、姿勢に敬服するきっかけになった。

昔から応援している人にも最近応援し始めた人にも目を向けられる職業だから、そこに対する絶妙なバランスは彼の魅力だと思う。

 

その感性にずんずんハマりTwitterのアカウントを作りバイトを決意、ファンクラブ申し込みの好きなアーティスト欄には三宅健としっっっかり書いていた。

ついでに、Twitterにおいてファンの先輩である皆さんはアニバーサリー新規にもびっっっっっっっっくりするほど優しかった。

早くアカウント作ればよかった。

 

迷いなく自担は健くんですと言うようになって、むしろ心は軽くなった。

この人へ向ける好きを取り巻いた様々な感情が、自担ですの一言に詰め込めるのは楽だ。

 

 

健くんの歌が好きだ。

すぐにあぁ、健くんだと分かるけど、耳になじむその声がどうしようもなく好ましい。

 

健くんのダンスが好きだ。

静と動がはっきりして、指の先まで神経を感じる動きに何回でもはっとする。

 

感性が好きだ。

にこ健更新を啓示と呼ぶのは止められない。

自分の、自分たちの一番良い見せ方を知っているのは強さである。

健くんの感性を信頼しきっている。

 

ビジュアルが当然好きだ。

写真でも映像でも完璧に男前で、ひたすらかっこいい。

こういう時いつも宇宙一かっこいい…とつぶやくけど、あながち間違っていないと思う。

 

昨日よりも今日の方がずっと好きだ。

そして明日はもっと好き!

 

彼がアイドルであり続けてくれたから遅ればせながら応援できる。

これまで私には考えられないほど様々な出来事があっただろうに、それでも人生の一部を他人に見せるこの職業に就いてくれていることを永遠に感謝する。

 

 

思い返せば悲しい時きつい時、既に幾度となく救われているのだ。

だからってわけじゃないけれど、私はずっと彼の味方でいたい。

 

かっこいいと素敵を繰り返すだけの、傍から見たらおめでたい奴と見えるオタクで構わない。

君のために生きたいんだよぉ〜。

 

夜空の光を見る度彼を思う。

月がきれいなのは一生変わらない。

そういうことだ。

 

三宅健さん37歳のお誕生日おめでとうございます。

健くんにとって幸せで、健康な素晴らしい一年になりますように。

あなたが心から楽しみ喜び笑顔でいられる日が、数え切れないほどたくさんあることを願います。

*1:今でもある