読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その美しさを描けない

割り切れないshotにgoodきてる

ブログ開設1周年です

 

ブログ開設1周年です!!!!!!

こんなに続くとは思ってませんでした。続けると言っても基本月1かそれ以下の更新だけど・・・。

自分の頭の中のことを吐き出すのにTwitterでは足らなくなって、ジャニオタならばブログだろう!とはてなに登録して早1年!!!はやい!!!

 

前々から過去記事を振り返りたいなと思っていて、良い機会でした。この1年で書いた24の記事の中からいくつか読み返したのでそのなかで印象に残ってるものや好きな物をまとめていきます。

 

 

satohav6.hatenablog.com

 

 

satohav6.hatenablog.com

 

上が滝沢歌舞伎観劇の感想、下は三宅健さん37歳お誕生日おめでとうの記事。

どちらも健さんについての記事です。彼に対しては今、ものすごく安定した気持ちを持っています。昔から変わらない考えなんだけど、ファンというのは対象に直接なにかをできると思っていません。勝手に好きになって勝手に離れていくものだから、ファンのいる人はこちらのことなど気にせず生きてほしい。

実際それは難しいし、需要と供給が一致していると私も燃えるし、つまりは需要が自分の中にあるということなのでなんとも言うべきではないんだろうけど。どんなにこじらせようと趣味なので、そこを気を付けたいです。好きが抑えられなくなりがちなのを自覚しているので・・・。

 

滝沢歌舞伎は公演期間も含めて、ずっと忘れられない舞台になりました。今だから言えるけれど、あのころ健君は私にとって神様みたいで、どこか遠い世界の物語に生きるひとでした。

雑誌を買いに買いまくりインタビューを読み込んだり、チケットが届いても実感はわかず。だけど健君は怪我をして(この話題嫌な人はごめんなさい)、私の心臓は鉛になり沈んでいきました。重みに耐えられず血管はやぶれ悲しみと不安が体中に流れ出て、あふれた分が涙になった日々を覚えてます。

 

健くんのことが本当に好きだ。声にはならないけど叫んでいた。私が健くんに抱いている感情は主に尊敬だけど、あの瞬間は限りなく恋に近いような、でも崇拝とも呼ぶべきでもあるような誰にも感じたことのない好きだった。 胸の奥のほうで小爆発が起きていた。彼を知って感じた幸福や悲しみ、ときめきや苦しみ切なさまで、心に結晶となり宿っていた全てが流れ星のように飛び回りぶつかりきらめいていた。

永遠ってなんだ - その美しさを描けない

 

健君は力強く舞台に立つ人で、彼への気持ちのターニングポイントは間違いなくあの日でした。上の引用は、読み返してた時かなり好きな文だな~と思い載せました。たぶんブログ全体を通していちばん胸の中のことが言語になってるからだと思う。確か舞台から帰る電車で書いた気がするので、感想は早く言葉にするに限る・・・。溜めてお蔵入りになったものがいくつかあるので・・・。

 

お誕生日ブログはタイトルをめちゃくちゃ悩んだ記憶があるんだけど、結果的にいい感じになりました。タイトルと内容を関連付けたい派なので、内容を書き換える必要のあるものを思いついたらどうしよ~と思ってました。健さんのソロ曲は割と不動で4Uが好きなので、拝借できてうれしかったです。でも最近は夕暮れオレンジが沁みる季節になりましたね。

この時の彼に抱いている気持ちと変わっていなかったので、この感じでずっと好きだと思います。味方でいたいし、常にプラスの感情を抱くおめでたきオタクで構わないです。

それと私は好きな人を月に例えるのが本当に好きだな~(笑)と常々感じます。ほぼ全員そうなので、そういうふうに見える人が好みなんだろうなと開き直りました。

 

 

 

satohav6.hatenablog.com

 

びっくりすることに今年の4月はまだジャニーズWESTのオタクになってないんですよね。ちょうど彼らについて鬼検索して情報集めしていた頃だったのかな・・・?今となっては発売日にすら行動していないなんて寒気がするけど、このブログは好きです。

これもCDを買った帰りの電車で書いてました。勢いがありますね。ジャニーズWESTのCDはなぜか毎回うまく買えなくて、いや逆転は自分のせいだけど、人生は素晴らしいの時なぜかタワ・・・・ラインがフラゲ日に届けてくれずこれまた渋谷まで激怒しながら買いに行った記憶があります。

なうぇすととラキセに関してはもう何も信じられないので店舗予約しました。早く欲しい。

意外にもWESTに関してはあんまり数を書いてないなと思ってたけど、下書きとワードに5個くらいお蔵入りしたやつがあったと思うので、クリスマス感想は書き残したいです。

 

 

satohav6.hatenablog.com

 

 

長い…。こんなに長かったか!?これは書いてから1度も読み返してなかったので新鮮な気持ちでした。でも長すぎてばしばし読み飛ばした。

たくさん読んで貰ってる記事で素直にうれしいです。炎上しなくてよかった。これまでで最も時間がかかった記事だと思います。フォエバコン感想の方が文字数が多い(気がする)けどこの時は試行錯誤しつつだったのでよく覚えてる・・・。

1ヶ月半くらいほぼ毎日セクバニを見てパソコンに向かい合ってました。今思えば完全に狂気だけど、当時は真剣でした。というより何か迫られていた気がします。

ここで吐き出せなければ他の物に触れられない、そのくらいどっぷりこのDVDの世界にハマっていたので、これは自分を楽にするための記事でした。

そういう自己満足の塊を読んでもらって、セクバニDVD見ました!みたいなことをリプしてもらったり、人生こんなことがあるんだな〜と驚いてばっかりでした。

セクバニはほんと最高のDVD(ブルーレイも出た)から見ようぜ!私も見たくなってきた!

 

 

satohav6.hatenablog.com

 

懐かしかったです。この記事を書いてた時の生活が思い出されました。

これを書いてた時、バイトを始めて1ヶ月くらい、たくさん辛いことがあって大変でした。

人権とは!?みたいなバイト先とか、勉強が大変だったり、なんか風邪こじらせて薬代で生活の危機に陥ったり、重ねられるだけ重なったな…という感じでした。

まぁ〜だから完全に心が病みまくってて、雑誌やDVDが何も買えない自分はファンと呼べるんだろうか・・・と思ってました。そんな中一晩で書いた記事です。

ファンと名乗っていいか、とにかく不安で、誰に言うことでも無いからスマホに打ち込みました。この記事ともう1つ・・・?くらいはまだスマホで書いてますね。


こんな私がファンを名乗っていいんだろうか・・・と悩む様を残して置くことは、これを書くだけ悩んだという自分を許す為で、今思うとあんまりいいことではないのでは・・・?と思います。これしかなかったんですよねたぶん。


これは効果があってその後気持ちが軽くなったので、今でも言葉を整理して吐き出す癖は抜けないです・・・。気持ちの整理がつくのだろう・・・。
この記事が拡散されたことも覚えてます。え、炎上した・・・と思ってブログ消すとこでした。自分のことだけじゃ無くて好きな人や物のことを多く書くブログなので、平和に1年過ごせてよかった。

 

ブログタイトルは、私は絵を描けませんということを言いたかっただけなので、長い割に意味の無いタイトルで1年やってきました。二次元オタクの時代からずっと、ほんとに絵を描ける人になりたくて、だけどここでも結局絵にはできないんだよ!!!もう!って思いながらつけました。アイコンとかを自作絵にするオタクになりたい人生でした。

飽き性だけど、タイトルもブログ移行もなくやれてよかったです。Twitterのbio欄とかしょっちゅう変えるので、そこで満足してるんだと思います。

 

絵は絶望的に描けないけど、私はあなたの好きなところや美しいところ、瞳が燃える様を心にえがいたり、うつし取ったりはできる。それをなんとか形にしたくて、私は文章を選びました。1年前と比べるとうまくなったかは別として、文体や表現の好みが微妙に変わってきています。だけど一貫して変わらないのは、書き残したいという熱量です。

書けない時の方が多いし、速くならないし、おもしろくもためにも明るくもなれない文章だけど、私にとってはファンとして生きる上で大切な部分になりました。書きたいと思わせてくれる人がいるから、こうしてたくさんの時間をかけて文章を書いています。

 

1年前に自分はファンであっていいのだろうか・・・と悩んでいる自分に、今の私から100%の自信でOKを出すことはできません。悲しくなることもあったり、自分のことを益々嫌いになる日々を過ごすことになるからです。

でも、だからといって否定もできません。計り知れないくらい楽しいこと、素敵な出会いがあったから。ブログを閉鎖しようか思った時も、思いとどまりました。ブログを初めて1年、居場所があることに何度救われたかわからないからです。

ここは私のブログであり、誰よりも自分のために、私は大好きなあなたへのラブレターや他愛のない長文を書けます。しかもそんなんなのに読んでくれる人がいます、やばい!読んで下さるすべての方、本当にありがとうございます。スター付けてくれる方、覚えてます。うれしくてお歳暮送りたいです。

 

私は私のため、これからもブログを続けたいです。とりあえずは1年、初心者期間は終了です。これから1年はどんな文章を書きたいと思い、いくつが記事になるんだろう。

すべての始まりは大好きなあなたから。まだまだよろしくお願いします。